【簡単・奥深い】ボードゲーム「街コロ」|ルール紹介

ボードゲーム「街コロ」

何人かの友人が遊びに来てくれました!そのようなときは、

そうだ!ボードゲームをやろう!

友人と楽しいひと時を過ごせる筆者お勧めのボードゲームが、「街コロ」 というゲームです。今回はボードゲーム「街コロ」をご紹介させていただきます。

筆者の信頼度

私は幼少期の頃から家族でトランプや「人生ゲーム」「モノポリー」といったボードゲームを遊んできました。
今では、趣味として友人とボードゲームを嗜んでいます。
私が培ってきたボードゲームの知見を皆さんにお届けいたします。

「街コロ」好きにおすすめな戦略を楽しむゲームは下記記事へ!

目次

「街コロ」の概要

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

「街コロ」とは、グランディング株式会社によりゲーム開発されたボードゲームです。「街コロ」には、「街コロ+(プラス)」と「街コロ#(シャープ)」の2種類の拡張パックが販売されています。

「街コロ」は、ドイツ年間ゲーム大賞 2015 ノミネートフランス年間ゲーム大賞 2015 ノミネートと世界で評価されており、その人気により第二弾として「街コロ 通(ツー)」も発売されています。

「街コロ」は、サイコロをふってコインを手に入れ、自分の街を発展していくゲームです。サイコロを振るだけの簡単さと出目の運要素により、初心者にも優しいゲームな一方、どの施設にコインを使うかの戦略が求められるゲームとなっています。

ー基本情報ー
<プレイ人数>:2~4人
<プレイ時間>:約30分
<対象年齢>:7歳以上

ゲームの目的

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

「街コロ」は、最初に配られる4枚の建設中のランドマークカードを全て完成させたプレイヤーの勝利となります。

サイコロによってコインを集めて、施設(カード)を購入しコインの収益を上げていきます。どの施設を重点的に伸ばしていくかの「戦略」、施設に該当するサイコロの目を出す「運」が勝負を分けるゲームとなっています。

ゲームの準備

ボードゲーム「街コロ」

STEP1:初期配布

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

各プレイヤーに施設・ランドマークを配ります。ランドマークは、裏面の建設中としておきます。

<初期配布>
施設:「麦畑」「パン屋」
ランドマーク:「駅」「ショッピングモール」「遊園地」「電波塔」

STEP2:場に施設カードを10種類セット

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

施設カードを裏向きでシャッフルして山札として、施設の種類が10種類になるまで山札より表向きで配置します。同じ施設が出た場合は、同じカードに重ねておきます。

ゲーム中は、場から施設の購入ができ、種類が減った場合には再度山札から補充していきます。

スタートプレイヤーを決めるため、サイコロの出目が大きい人からゲームスタートです。

「街コロ」の遊び方

ボードゲーム「街コロ」

自分の手番でやることは、以下の3つです。

(1)ダイスをふる
(2)出目に一致した「施設効果」を受ける
(3)「施設購入」「ランドマークの建設」「何もしない」のどれかを行う。

3つを終えると時計回りに次の人に手番が周ります。4つ全てのランドマークを建設した人の勝利となります。

(1)ダイスをふる

ボードゲーム「街コロ」

ダイスを1つもしくは条件が整えば2つをふり、出た数字を確認します。

最初はダイス1つですが、ゲームが進んでランドマーク「駅」の建設が完了していると、ダイス2個をふれるようになります。

(2)出目に一致した「施設効果」を受ける

自分の持っている施設にダイスの出目に一致する施設があれば、その施設効果を受けることができます。施設カードは15種類で、効果によって大きく4つのタイプに別れ、カードの色により識別できます。

「青」施設カード

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

誰の手番でも、施設の出目が出れば銀行からコインを受け取ることができます。

「緑」施設カード

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

自分の手番のみ、施設の出目が出れば銀行からコインを受け取ることができます。

「赤」施設カード

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

他の手番の時に、出目を出したプレイヤーからコインをもらうことができます。

「紫」施設カード

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

自分の手番のみ、出目を出すと特殊な効果を得られます。

(3)「施設購入」「ランドマークの建設」「何もしない」のどれかを行う

ボードゲーム「街コロ」
引用:公式HP

最後に、「施設購入」「ランドマークの建設」「何もしない」のいずれかを行動します。

施設購入

場に出てる10種類のカードから選んで購入します。購入コストは、カード左下にコイン数が記載されています。

ランドマークの建設

手元にある4つのランドマークより一つを選び建設します。建設コストは、カード左下にコイン数が記載されています。建設するとカードを「表」とし、今後のターンでカードの効果を得ることができます。一方で建設コストがかなり高いため、どのタイミングで建設するかがポイントになります。

何もしない

戦略的にコインを使いたくなく何もしない、もしくは、コイン数が少なく何もできない、といった具合にパスすることも可能です。もし、コイン数が0の場合は銀行より1コインを得ることができます。

ゲームの終了

プレイヤーの誰かが、4つのランドマーク全てを建設したらそのプレイヤーの勝利となり、ゲーム終了となります。

攻略法

攻略法と書くほどたいそれたものではありませんが、筆者が「街コロ」をやる際に気をつけていることを紹介します。

序盤は青施設の購入がメイン。プレイヤーの人数が多いほど、青・赤の施設が効果的になる。
・コインの大量獲得を目指すため、緑施設の「○施設1軒につき○コインを獲得」のコンボを狙い、該当の施設を固めて購入していく。

さいごに

筆者のおすすめするボードゲーム「街コロ」をご紹介いたしました。プレイヤー人数によって戦略が変わるので、見極めて戦略を練りましょう。

奥の深いボードゲームには、やることで様々なメリットがあります。下記記事にてまとめたので興味のある方はぜひご覧ください。

文面では、伝わらない興奮がこのゲームにはあります。ご興味ある方は是非購入して楽しんでください!皆さんが楽しいひと時を過ごすためこの記事を書きました。この記事がその一助になれば幸いです。

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

<資格>一級建築士・宅地建物取引士
<趣味>キャンプ(歴22年)、音楽、ボードゲーム

コメント

コメントする

目次