【意識改善】節約のコツとなる考え方7選!

節約のコツとなる考え方

この記事では節約のコツとなる考え方を知れます

節約してお金を貯めたい

貯金しているつもりが全然溜まっていない

こんな経験を持っている方も多いのではないでしょうか。節約したいと色々切り詰めていても意外と溜まっていないとやる気も下がってしまいますよね。

そこで今回は効率的に賢く節約するためのコツとなる考え方をご紹介していきます。

生活を我慢するよりも考え方を変えてしまった方が楽に効果的な事もありますので、いいなと思う物があれば是非参考にしてください。

<お金が貯まる人と貯まらない人の特徴はこちらの記事をご覧ください>

目次

節約のコツとなる考え方とは?

節約なんてただ出費を抑えればいいんでしょ

と思うかもしれませんが、ただ出費だけに意識を向けていると

◇生活の満足度が下がってしまう
◇我慢を強いられてストレスがたまる
◇必要なものまで節約してしまう

といった弊害が生まれる可能性があります。

その為、無意識に消費が減り節約志向になる考え方とそのコツをまずは学ぶことで、人生の豊かさを損なわずに節約を行うことが出来ます。

<お金を使うべき物の特徴に関する記事はこちらをご覧ください>

節約のコツとなる考え方7選

それではここからは具体的に節約のコツとなる考え方をご紹介していきます。

◇固定費の削減を優先する
◇インパクトの大きい物を優先する
◇セールや割引に飛びつかない
◇まとめ買いを活用する
◇記録と振り返りを行う
◇対時間も意識する
◇ストレスをかけすぎない

いずれも簡単なもので、少し考え方を変えるだけの簡単なコツなので、自分でも取り入れられそうな考え方は是非実践してみてください。

節約のコツとなる考え方①固定費の削減を優先する

ひとつ目の節約のコツとなる考え方は「固定費の削減を優先する」です。

節約というと食費や交際費にまず目が行きがちですが、最初に注目するべきなのは毎月の固定費です。

固定費は削減することで

◇苦労せずに出費が減る
◇比較的金額が大きい

というメリットがあります。

具体的には

◇家賃
◇携帯料金
◇サブスクリプションサービス

などで、特にサブスクリプションサービスは入りっぱなしで自動更新されているものや、実際には使っていないものは今すぐ解約するようにしましょう。

節約のコツとなる考え方②インパクトの大きい物を優先する

2つ目の節約のコツとなる考え方は「インパクトの大きい物を優先する」です。

当然ですが、金額の大きい物を節約する方がインパクトが大きくなり、節約の効果も大きくなります。

◇必要のない飲み会
◇何となく定期的に買う服
◇目的の薄い娯楽

などを減らすことで数千円単位の節約になります。

特に飲み会や食事などの交際費は金額も大きく、時間も節約できるので何となく呼ばれたら行くというのはやめて本当に自分が行きたい会だけの参加にすると良いでしょう。

<お金が貯まらなくなる場所の記事はこちらの記事をご覧ください>

節約のコツとなる考え方③セールや割引に飛びつかない

3つ目の節約のコツとなる考え方は「セールや割引に飛びつかない」です。

セールや割引は一見お得に見えますが、すぐに飛びついてしまうと節約の大きな弊害になります。

セールや割引のよくない点としては

◇不要なものまで購入してしまう
◇満足度の低い物を購入してしまう

という点で、セールだから買ったけど実際には全然使わなかったという経験をお持ちの人もいると思います。

そのため、基本的にセール品には飛びつかず本当に欲しい物だけを買うという考え方にすると節約することが出来るでしょう。

節約のコツとなる考え方④まとめ買いを活用する

4つ目の節約のコツとなる考え方は「まとめ買いを活用する」です。

先ほど、セール品は買うべきでないという話をしましたが、必ず使う日用品のまとめ買いは別です。

◇水
◇日用品
◇マスク

など必ず使う消耗品はネットなどを使ってまとめ買いをするとお得になります。

1点注意点としては、一人暮らしの際には食料品をまとめ買いしてしまうと、使いきれずに逆に損してしまう場合があります。

まとめ買いするものは保存がきくものや必ず使うものにしましょう。

節約のコツとなる考え方⑤記録と振り返りを行う

5つ目の節約のコツとなる考え方は「記録と振り返りを行う」です。

節約しているけど、お金が貯まらない

という人は大抵このパターンで、自身が思っているよりもお金を使っているケースが多いです。

そのため、

◇毎日家計簿をつける
◇カードの明細を常に確認する
◇お金の管理アプリを使う

これらの癖をつけるといいでしょう。

いちいち管理するのがめんどくさい

という人はマネーフォワード等の自動管理アプリを使うと便利なので、是非試してみてください。

節約のコツとなる考え方⑥対時間も意識する

6つ目の節約のコツとなる考え方は「対時間も意識する」です。

節約をする上で、時間を犠牲にすることも多いと思いますが少額の節約のために使う時間は逆に損しています。

◇数十円の為に遠くの安いお店に行く
◇健康を度外視した食事をする
◇数百円の為にネット売買する

など、お得に見えてその分結果的に時間を浪費してしまうケースはよくないです。

逆に時間をうまく使う事で、その分勉強や副業などに使った方が収入を増やすことができ、資産は増えます。

自分の節約行為が時間に対して見合わなければ潔くやめるようにするといいでしょう。

<失敗してしまう節約術に関する記事はこちらをご覧ください>

節約のコツとなる考え方⑦ストレスをかけすぎない

7つ目の節約のコツとなる考え方は「ストレスをかけすぎない」です。

最後は節約する上では重要な考え方で、あまりに節約を意識しすぎてストレスを感じてしまうと逆効果です。

具体的には

◇継続できない
◇ストレス発散から衝動的に浪費してしまう
◇生活の満足度が下がる

という点で、生活を豊かにするためにしていた節約で逆に自身の首を絞めてしまう結果になります。

節約をするときは自身に負担がないかを考えながら行うのがコツとなる考え方といえます。

節約のコツとなる考え方 まとめ

今回は節約のコツとなる考え方をご紹介しました。

考え方次第では生活の質を落とさずに節約をすることが可能なので、是非この記事を参考に賢い節約を行ってください。

<この記事を読んだ人が気になっている記事はこちら>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次