【ネタバレなし】新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」体験レビュー!

くらやみ遊園地体験レビュー

この記事では新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」に実際に行った体験レビューを知れます

新宿に新しくお化け屋敷ができたらしい

2023年に新たに新宿に完成した「くらやみ遊園地」実際に行ってみたいけど、どんな場所か知りたいという人も多いと思います。

そこで今回は新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」に実際に行った筆者が体験レビューをご紹介します。

「くらやみ遊園地」が気になっている人は是非参考にしてください。

※2023年6月時点での情報ですので、最新の公演内容や営業内容に関しては公式HPで確認してみてください。

<東京都内のお化け屋敷に関する記事はこちらをご覧ください>

<横浜周辺にあるお化け屋敷はこちらの記事をご覧ください>

目次

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」ってどんなとこ?

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」は新宿駅そばのタイトーステーション地下にできたお化け屋敷です。

地下2階のフロアが丸ごとお化け屋敷になっていて手軽にお化け屋敷を楽しむことができる人気のアミューズメント施設です。

駅からも近く、アクセスがいいことも嬉しいのでぜひ足を運んでみてください。

<くらやみ遊園地以外の新宿のアミューズメント施設はこちらです>

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」の魅力は?

つづいて「くらやみ遊園地」の魅力となるポイントをご紹介します。

◇お化け屋敷運営で有名なオバケンとのコラボ
◇常時複数種類のお化け屋敷が楽しめる
◇15分~25分程度の短めな公演

これらが「くらやみ遊園地」の特徴で魅力的なポイントです。

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」の魅力
お化け屋敷運営で有名なオバケンとのコラボ

ひとつめの「くらやみ遊園地」の魅力は「お化け屋敷運営で有名なオバケンとのコラボ」です。

お化け屋敷好きの中では有名なオバケンですが、内容を監修しているため、その怖さを引き継いだお化け屋敷になっています。

本格的なホラーが楽しめるので、怖い物が好きな人には非常におすすめです。

<オバケンの施設に関してはこちらの記事をご覧ください>

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」の魅力
常時複数種類のお化け屋敷が楽しめる

2つめの「くらやみ遊園地」の魅力は「常時複数種類のお化け屋敷が楽しめる」です。

現時点では6種類の公演が用意されており、ひとつずつ怖さやテイストが異なります。

がっつりホラーが好きな人もホラーが苦手な人も楽しめるようになっています。

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」の魅力
15分~25分程度の短めな公演

3つめの「くらやみ遊園地」の魅力は「15分~25分程度の短めな公演」です。

ひとつずつの公演が短いので手軽にお化け屋敷を楽しむことができます。

金額も1,000円~1,500円程度なので、待ち時間の状況を見ながら複数のテーマで遊んでみてください。

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」のテーマ紹介

現在、新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」では以下の6種類のテーマが公演されています。

◇KOKKURI-SAN
◇丑の刻地下病院 怨
◇旧校舎の花子さん
◇くらやみレストラン
◇理科室に棲みつくあのコ
◇ザ・リミット

定期的に更新されるテーマもあるので、最新情報は公式HPをご覧ください。

また、実際に筆者が遊んだ感想をネタバレなしでご紹介していきます。実際に行くか迷っている人はぜひ参考にしてください。

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」のテーマ
KOKKURI-SAN

<引用:公式HP>

ひとつめの「くらやみ遊園地」のテーマは「KOKKURI-SAN」です。

くらやみ遊園地の中では最も難易度が高い本格的な脱出ゲームです。様々な伏線を回収しながら謎を解いていくので洞察力や発想力が求められます。

リアル脱出ゲームなので、ホラー体験というよりは頭を使った謎解きを楽しみたい人におすすめなテーマです。

【公演情報】
プレイ人数:1~5名
プレイ時間:約25分
プレイ料金:1,500円
恐怖度:★★☆☆☆
絶叫度:★☆☆☆☆
くらやみ度:★★☆☆☆
難易度:★★★★★
協力度:★★★★☆

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」のテーマ
丑の刻地下病院 怨

<引用:公式HP>

2つめの「くらやみ遊園地」のテーマは「丑の刻地下病院 怨」です。

くらやみ遊園地の中で最も怖いテーマで、暗い病院の中で謎を解きながら先に進んでいくスリルとハラハラが楽しめます。

筆者はクリアできなかったのですが、怖い病院を先に進む勇気と観察力が試されるテーマでおすすめです。

【公演情報】
プレイ人数:1~5名
プレイ時間:約20分
プレイ料金:1,500円
恐怖度:★★★★★
絶叫度:★★★★☆
くらやみ度:★★★☆☆
難易度:★★★★☆
協力度:★★★★☆

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」のテーマ
旧校舎の花子さん

<引用:公式HP>

3つめの「くらやみ遊園地」のテーマは「旧校舎の花子さん」です。

ホラー探索ゲームで、旧校舎のトイレの中で様々なアイテムを探していくテーマです。ホラーな雰囲気抜群なので、勇気をもってアイテムを探していく必要があります。

実際にアイテムを探して先に進んでいくので、没入感のあるテーマでおすすめです、一度遊んでみてください。

【公演情報】
プレイ人数:1~4名
プレイ時間:約15分
プレイ料金:1,000円
恐怖度:★★★☆☆
絶叫度:★★☆☆☆
くらやみ度:★★☆☆☆
難易度:★★☆☆☆
協力度:★★☆☆☆

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」のテーマ
くらやみレストラン

<引用:公式HP>

4つめの「くらやみ遊園地」のテーマは「くらやみレストラン」です。

こちらのテーマはサウンドホラーでヘッドホンをして恐怖のストーリーを体験していくテーマです。

一番のウリとしては途中に分岐があることで、プレイヤーの選択によって結果が変わっていきます。

分岐によっては結末が変わるので、ぜひ最高の結末に向けて何度も挑戦してみてください。

【公演情報】
プレイ人数:1~6名
プレイ時間:約15分
プレイ料金:1,000円
恐怖度:★★★★☆
絶叫度:★★★☆☆
くらやみ度:★★★★★
難易度:★★☆☆☆
協力度:★★★☆☆

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」のテーマ
理科室に棲みつくあのコ

<引用:公式HP>

5つめの「くらやみ遊園地」のテーマは「理科室に棲みつくあのコ」です。

ホラーテイストのリアル脱出ゲームで、比較的ライトに楽しむ事ができるテーマですが謎解きの難易度は比較的高いです。

ゲーム中の照明も明るめなのでホラーはあまり得意じゃないけど、仲間と協力して謎解きをしたいという人にはおすすめのテーマです。

【公演情報】
プレイ人数:1~5名
プレイ時間:約25分
プレイ料金:1,500円
恐怖度:★★☆☆☆
絶叫度:★☆☆☆☆
くらやみ度:★★★☆☆
難易度:★★★★★
協力度:★★★★☆

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」のテーマ
ザ・リミット

<引用:公式HP>

6つめの「くらやみ遊園地」のテーマは「ザ・リミット」です。

こちらもホラーテイストな脱出ゲームですが、密室空間の中でヒントを探している間にカメラに映ったアイツが迫ってくるため緊張感があります。

仲間内での情報共有が非常に重要なので、チームでの連携が試されるテーマです。友人グループとわいわい楽しみたい時にはおすすめなので、遊んでみてください。

【公演情報】
プレイ人数:1~4名
プレイ時間:約25分
プレイ料金:1,500円
恐怖度:★★★☆☆
絶叫度:★☆☆☆☆
くらやみ度:★★☆☆☆
難易度:★★★★☆
協力度:★★★★★

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」の予約方法は?

「くらやみ遊園地」の予約方法は現状では現地でチケットを買うシステムのようです。

テーマごとの待ち時間も受付で教えてくれるので、空いているテーマを遊んでみるといいでしょう。

また、人数は3~4人程度が一番楽しめるかなと思います。(筆者は2人で行きましたがそれでも楽しかったです)

新宿でのご飯や飲み会、買い物の後に気軽に立ち寄ってみることをおすすめします。

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」の公式HPはこちらからいけます

新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」体験レビュー まとめ

今回は新宿のお化け屋敷「くらやみ遊園地」をご紹介しました。

どのテーマも非常に面白く、手軽に楽しめるのが嬉しいお化け屋敷です。

皆で予定を立てていくのもよし、新宿での予定のついでに立ち寄るのもよしの施設なので、ぜひ皆さん一度遊びに行ってみてください。

<東京都内の脱出ゲームの記事はこちらをご覧ください>

<自宅で楽しめる謎解きグッズはこちらの記事をご覧ください>

<自宅で出来るホラー系のボードゲームはこちらの記事をご覧ください>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

超高単価のマンション営業にてトップの成績を収めたのち経営コンサルタントに転身。
現在では上場IT系にて新規事業立上げの責任者を務める傍ら、「効率化を追求するブログ」の執筆やバンド活動など様々な活動を効率よくこなしています。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次