キッチンリフォームの基礎知識<キッチンのレイアウトについて知ろう!>

ライフスタイルで選ぶキッチンのレイアウト

キッチン古くなってきたし、リフォームしたいな。
キッチンってどんな種類があるんだろう。

皆さんは、キッチンの種類について知っていますでしょうか?キッチンの形・レイアウト・天板など様々な選択要素があり、それぞれで特徴が異なってきます。せっかくお金をかけてリフォームするのであれば、自分のライフスタイルに合ったキッチンとしたいですね。

そこで今回は、キッチンのレイアウトについて特徴をまとめ、どんなライフスタイルにお勧めかを解説していきます。本記事で自分のライフスタイルにあったキッチンを選べるかもしれませんので、ぜひ最後までお付き合いください!

この記事では下記の事がわかります

■自分のライフスタイルにあったキッチンレイアウトがわかる
■キッチンに関しての知識がつく
■キッチンリフォームの参考になる

目次

キッチンレイアウト一覧

キッチン形・レイアウト 表
キッチンレイアウト一覧

キッチンの形・レイアウトには種類・特徴があり、それぞれでライフスタイルに合うキッチンは異なります。キッチンレイアウトはおおよそ上記のように分類できます。

<キッチンの形のについてはこちら>

Ⅰ型キッチンレイアウト

キッチンレイアウト
Ⅰ型キッチン 写真

Ⅰ型キッチンレイアウトは、キッチンを壁付けとして、キッチンセットを1列に並べたレイアウトです。キッチンスペースを最小限に抑えることができ、1K、1Rの間取りのコンパクトマンションによくみられるキッチンです。

特徴

キッチンレイアウト
I型キッチン 図面

○キッチンスペースを最小限にすることで、部屋を広くすることができる。
○ダイニングまでの動線が短く配膳しやすい。

×ダイニングと一体となることが多く、臭いや煙が広がりやすい。
×収納が少なく、組み込みにくい。
×広いキッチンにしづらい(全長が長くなると動線が長くなり使いづらい)。

おすすめのライフスタイル

・単身世帯:家で料理はほとんどしなく、ほとんど外食か買ってくることが多い
・キッチンよりも、部屋を広く取りたいと考える方

Ⅱ型キッチンレイアウト

キッチンレイアウト
Ⅱ型キッチン写真

Ⅱ型キッチンレイアウトは、狭い空間でも作業・収納面積が大きい、最も一般的なキッチンレイアウトです。収納は家具メーカー等のものを配置し、安価に収納をとる方も多いです。分譲マンションや新築戸建て等では、キッチンのデザイン・天板素材と同じものを設置するオプションもあります。

特徴

キッチンレイアウト
Ⅱ型キッチン 図面

○動線が明確で、デットスペースもなく、効率的なレイアウト。
○調理スペースを十分に取ることができ、他の部屋を狭くすることが少ない。
○収納面積が大きく、吊戸棚を設置できるなど、収納力が高く、
○最も一般的なキッチンのため、I型を除く他の型より安価になることが多い。

おすすめのライフスタイル

・ファミリー世帯:家族の食器や調理器具を多く収納できる
・キッチンにお金をかけすぎず、機能はしっかりしたい。というバランスタイプ

L型キッチンレイアウト

キッチンレイアウト
L型キッチン写真

L型キッチンレイアウトは、体の向きを変えるだけで、シンクとコンロを使うことができるため、調理中の動線を比較的短くすることができます。
作業面積も広くとれるため、多人数作業も可能な、一方、I型やⅡ型に比べると、キッチンを広めに確保する必要があります。
L字部分を2面とも壁付けにするキッチンと、リビングに向けて対面式にするキッチンレイアウトがあります。コーナー部分はデットスペースになるため、リビング側に扉を開けるようにする等の工夫が必要となります。

特徴

キッチンレイアウト
L型キッチン 図面

○調理中の動線が短く、調理が楽。
○調理スペースを十分に取ることができる。
○収納面積が大きく、吊戸棚を設置できるなど、収納力が高い

△コーナー部分のデットスペース収納が組み込みにくい
×キッチンスペースを広くとる必要がある。

おすすめのライフスタイル

・ファミリー世帯:家族と一緒に調理・洗い物をすることができる。
・キッチンを広く使いたい。
・調理中の移動を少なくして、家事の効率化を図りたい。

U型キッチンレイアウト

キッチンレイアウト
U型キッチンレイアウト写真

U型キッチンレイアウトは、真ん中に立つと三方に手が届き、キッチンスペース、作業スペースともに確保できる本格的なキッチンです。キッチンがほとんど独立したスペースになり、独立型キッチンと相性がいいです。

特徴

キッチンレイアウト
U型キッチンレイアウト 図面

○キッチン・作業スペースともに確保できる。
○収納量も豊富で、設備機器もしっかり組み込める。
○調理動線が短いため、作業効率が高い。

△コーナー部分のデットスペース収納が組み込みにくい
×キッチンスペースを広くとる必要があり、ある程度の広さが必要。
×キッチンにコストがかかる

おすすめのライフスタイル

・本格的に料理を楽しみたい方
・購入資金に余裕がある方
・調理器具や食器の多い方

アイランド型キッチンレイアウト

キッチンレイアウト
アイランド型キッチン写真

アイランド型キッチンレイアウトは、I型やL型と組み合わせて、カウンタートップの一部を島(アイランド)のように離れて配置することで「アイランドキッチン」といわれています。
アイランド部分はシンクやコンロを持ってくる形もあれば、配膳をするスペースにする形もあります。

特徴

キッチンレイアウト
アイランド型キッチン 図面

○多人数で調理・お話しを楽しめる
○両側からリビングに行き来できる動線:料理を運びやすい
○おしゃれ;天板の素材感や水栓の高級感などで演出

×リビングからキッチンが丸見えになるため、こまめな清掃が必要
×キッチンスペースを広くとることが必要
×煙や臭いが室内に広がりやすい

おすすめのライフスタイル

・キッチンを使うたびにこまめに掃除できる
・家にお客様を招き、ホームパーティを開く
・家族や友達と一緒に料理を楽しむ
・マンションの広さや購入資金に余裕がある方
・キッチンをリビングの一部として、部屋全体をおしゃれにしたい方

キッチンリフォームを検討するには

キッチンリフォーム

キッチンリフォームを検討されている方は、下記のようなリフォーム比較サイトで問い合わせしてみると良いでしょう。簡単60秒で無料でリフォーム見積もりを比較していただけます。

リフォームを安心に安く|リフォーム比較プロ

さいごに

キッチン形・レイアウト

以上が、キッチンレイアウトについての解説でした。自分のライフスタイルに合うキッチンは見つかりましたでしょうか?この他にも特殊なキッチンレイアウトの形はあります。例えば、U型キッチンとアイランド型を組み合わせたキッチンなど。特殊になればなるほど、コストがかかりますので、自分が一番大事にしたいことは何か。自分の胸に聞いていきましょう!家探しには、妥協がつきものです!是非ショールームに行って、見て・触れて・体験して、最良のキッチンを探しましょう!

<キッチンの天板についてはこちら>

あなたのライフスタイルに合う家、後悔しない家選びの一助となれば幸いです。

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

<資格>一級建築士・宅地建物取引士
<趣味>キャンプ(歴22年)、音楽、ボードゲーム

コメント

コメントする

目次