【必見】初心者が失敗しないオーダースーツ作りの3つのコツ!

オーダースーツのコツ

読者の悩み

  • オーダースーツを作ったけど失敗した…なぜだ…
  • どうやってオーダースーツ店を選べばいいだろう?
  • オーダースーツを作りたいけど、失敗したくないから基本的な事は知っておきたい

この記事では上記の悩みを解決します。
既に失敗している方、この記事を読んで次は成功させましょう!

不動産メガネ

僕が最初にオーダースーツを作った時は、何も調べなかったので完成したスーツが自分のイメージと違い、結局着ませんでした…皆さんがそんな切ない思いをしないようにこの記事を書いていきます!

この記事で得られること

  1. オーダースーツを作る際に押さえる3つのポイント
  2. オーダースーツ専門店の選び方
  3. オーダースーツの3つのデメリット

筆者に関して

不動産メガネ

不動産営業マンとしてスーツは大切です。
オーダースーツを何度も作成し、失敗を重ねながらスーツ雑誌を読んで知識を蓄えた私が解説します。

目次

■失敗しないオーダースーツ作りコツ!
①オーダースーツを作る時に押さえる3つのポイント

目的(着るシーン)を決める

目的(着るシーン)は事前に決めておきましょう。これにより、

仕上がりのイメージが違う….

といった悲劇が避けられます。

では着るシーンとは、どんな場面があるでしょうか?

基本的には以下の3点になります。

  1. ビジネスシーン
  2. 冠婚葬祭
  3. パーティーシーン

ではまずビジネスシーンから見ていきます。

というより、ビジネスシーンにのみ注力して書きます。

冠婚葬祭やパーティーシーンに関しては、他の記事で詳細を書くつもりです。

この記事では簡単にあっさりスタイルで書きますので、ご了承下さい。

ビジネスシーン

ビジネスシーンでは、着用する場面・着用する季節・着用する頻度を明確にしましょう。

着用する場面では、以下の点があります。

  • 通常の勤務時
  • 契約時など大切な場面
  • カジュアルに着られる場面

通常の勤務時であれば、着用する頻度が多くなるため、高級生地よりも中級生地のほうが良いです。

なぜなら、高級生地は耐久性が低く、メンテナンスが大変だからです。

中級の生地には、化学繊維が含まれている場合が多く、耐久性が高いのでおすすめです。

逆に契約時や大きな商談など大切な場面で着る用のスーツは、高級生地のスーツを着ることによって、

相手に品のあるイメージや自分自信の意識を高めるマインド効果もあるのでおすすめです。

カジュアルな場面では、あなたの好きなように着て下さい。

意外かも知れませんが、着用する季節を意識するのは重要です。

季節に合った色を選択をすることはビジネスマナーでもあり、また相手に与える印象も変わります。

ビジネスシーンで基本的に着られるネイビーやグレーでも、

春や夏には薄めの色を選択して下さい。

軽やかさや涼し気な印象を相手に与えられます。

逆に冬に薄めの色を着てしまうと相手に軽い印象を与えてしまいます。

秋や冬には濃いめの色を選択しましょう。

冠婚葬祭

色は黒一択です。

パーティーシーン

素敵な感じでまとめましょう!

予算を決める

オーダースーツでよくあることが、自分の中で考えていた予算を大幅にオーバーする事です。

これは追加オプションが多く用意されているからです。

私の場合は、予算を一着5万円で見ていましたが、スーツ屋に行くと下記のオプションを追加しました。

  • ベスト
  • ボタン
  • 本切羽(ジャケット袖部分の仕様)

これによって、追加で3万円がかかりました。

ベストって追加料金なのかよ…….

って正直思いましたが、その場で何も言えず、でもベストが欲しいので追加しました。

こういった事が起きるので、スーツ屋に行ったら店員さんに最初に予算を伝えましょう。

オーダースーツの種類を知る

予算を最初に決めておくことによって、オーダースーツの種類も選べます。

え、オーダースーツに種類ってあるの!?

って、皆さん思いましたよね?

3種類あります。

これによって大幅に金額が変わりますので、こちらも知っておきましょう。

  • パターンオーダー
  • イージーオーダー
  • フルオーダー

ではまず最初にパターンオーダーとは、

店に用意されいてる見本を着用し、着用する人の身体に合わせて微調整を行うオーダーです。

生地や裏地、ボタンなどのカスタマイズがある程度可能です。

金額的には、2〜5万円が目安となります。

次いで、イージーオーダーとは、

採寸したサイズに合わせて、型紙を選択し、微調整を行います。

フルオーダーから仮縫いの工程を抜いたものです。

金額的には、5万円〜20万円が目安となります。

最後に、フルオーダーとは、

1人1人の身体を細かく採寸し、型紙を作成するハンドメイドです。

身体の癖まで読み取ってくれて、自分の身体に本当に合ったスーツが作成できます。

但しテーラーの手腕に大きく左右されるので、凄腕のテーラー出会うにはあなたのスーツに対する見る目も必要でしょう。

金額的には、20万円〜が目安となります。

以上のオーダーの種類を知ることによって、自分の予算に合ったお店選びができるかと思います。

■失敗しないオーダースーツ作りコツ!
②オーダースーツ専門店の選び方

今ではオーダースーツのお店が多くあって皆さん迷いますよね?

以下の点に注目してお店選びをしていきましょう!

スーツ見本が複数用意されているか

これによって幅広い体型の方に対応しているかがわかります。

またあなたに合った見本がある可能性が高まりますよね。

自分に合ったスタイルに仕上がる可能性が高まります!

選べる生地バリエーションをチェックする

生地の豊富さで専門店としてのレベルがわかります。

ここはお店で比較して、豊富なお店を選択しましょう。

仕立て直しの保証サービスがあるか

完成品を着たら、

少しイメージと違った…..

裾が少し長いかも……

こういった事がよくあります。

なので仕立て直しの無償サービスがあると、初心者の方は安心ですよね!

サイズによって金額アップがあるか

こちらは大柄の人限定です。

お店によっては、サイズを上げると金額が上がることがあります。

理由としては使用する生地の量が増えるからです。

なので大柄な体型をされている方は、その点もチェックしておきましょう。

■失敗しないオーダースーツ作りコツ!
③オーダースーツのデメリット

オーダースーツでは自分に合ったサイズが作れる、

カスタマイズができるなど色々書いてきました。

しかし、デメリットもあります!!

その点も知っておきましょう!

仕上がりのイメージが難しい

生地を選ぶ時に、小さい四角形の布切れから選びます。

そこから選ぶので、派手な生地を選ぶと仕上がった時に思ったより派手な印象を受けるときがあります。

オーダースーツの作成に慣れていない方は、クラシックなデザインの生地を選ばれることおすすめします。

完成までに時間がかかる

一般的に完成まで1ヶ月ほどかかります。

早いお店で2,3週間ほどかと思われます。

楽しみに待つのもオーダースーツの醍醐味ですが、早く必要な方は既製品にしましょう。

返品が難しい

作って着た時にイメージが違ったとしても返品がほぼ難しいです。

なぜならあなたの身体に調整した1つのスーツだからです。

但し生地が汚れていたり、採寸ミスの場合は補正や返品ができる場合があります。

最後に

皆さんだいぶオーダースーツについて、イメージが湧いたのではないでしょうか。

この記事で書いたことを押さえて頂ければ、まず失敗しないと思います!

是非、素敵なオーダースーツを作ってみて下さい!

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

事業用不動産の賃貸仲介営業マン(メガネ)

コメント

コメントする

目次