【お手軽推理を楽しもう!】ボードゲーム「タギロン(TAGIRON)」ルール紹介

タギロン ルール紹介

読者の悩み

  • 推理や論理的思考をするおすすめのボードゲームって何かないかな?
  • 「タギロン(TAGIRON)」ってボードゲームは面白いのだろうか?
  • 「タギロン(TAGIRON)」はどんなルールなんだろう?

この悩みに答えるため、筆者おすすめのボードゲーム「タギロン(TAGIRON)」のルール紹介します!

本文の内容

  • 筆者おすすめの「タギロン(TAGIRON)」の楽しさがわかる
  • 「タギロン(TAGIRON)」のルールがわかる
  • 2人用ルールと3人用・4人用ルールの違いがわかる
筆者の信頼度

私は幼少期の頃から家族でトランプや「人生ゲーム」「モノポリー」といったボードゲームを遊んできました。
今では、趣味として友人とボードゲームを嗜んでいます。
私が培ってきたボードゲームの知見を皆さんにお届けいたします。

目次

「タギロン(TAGIRON)」の概要

タギロン ルール紹介
参照:公式HP

「タギロン(TAGIRON)」とは、株式会社ピチカートデザインが企画するボードゲームブランド「JELLY JELLY GAMES」によりゲーム開発されたボードゲームです。「タギロン(TAGIRON)」には、旧版(赤箱)と新装版(黄色箱)がありますが、メモ用紙が付いているか、いないかでの違いでゲーム内容に違いはありません。値段が異なるので必要な方で購入を検討しましょう。

「タギロン(TAGIRON)」のおすすめポイント

  • 相手の持つ5つの数字を全て当てるゲーム!推理しきった時の爽快感!
  • 質問をもとにした推理・論理的思考を使う面白さ!
  • どの質問を選択するか状況判断力が試される面白さ

ー基本情報ー
<プレイ人数>:2~4人
<プレイ時間>:約15分
<対象年齢>:10歳以上

「タギロン(TAGIRON)」のルール紹介

タギロン ルール紹介
参照:公式HP

それでは、「タギロン(TAGIRON)」のルール紹介をいたします。

「タギロン(TAGIRON)」の目的

  • 質問をもとに推理して、相手が持つ5つの数字・色を全て当てること!

「タギロン(TAGIRON)」のゲーム準備

タギロン ルール紹介
参照:公式HP
  1. 数字タイルをよく混ぜて、裏で周りの人に見られないよう各自5枚ずつ取ります。
  2. ついたてを立てて、タイルを表にして自分だけが確認しましょう!この時左から小さい数の順に並べます!また、同じ数字がある場合は必ず赤い方を左に並べます。
  3. 質問カードを裏返しにしてよく混ぜて、6枚を中央に表向きに並べ、他のカードは山にしておきます。

「タギロン(TAGIRON)」のゲーム開始

タギロン ルール紹介
参照:公式HP
  • ジャンケンなどで先攻・後攻を決めましょう!6枚の質問カードの中から1枚を選び、質問をします!
  • 質問に対して正直に答えます。相手の回答をメモすることを忘れずに!
  • 質問カードの山から1枚補充して、交代となります!

交互に質問を行い、相手より早くのタイル5枚の色と数字を全てを当てることが勝利条件となります!

宣言

タギロン ルール紹介
参照:公式HP

「宣言」とは、相手の数字をあてに行くことです。宣言をするには、質問をする代わりに「宣言」することができます。宣言に対しては、全ての数字・色があっているかどうかで「正解」「違います」のどちらかを返答してください。部分的に当たっていても教える必要はありません。「宣言」が失敗しても、ゲームが再開となります!

「タギロン(TAGIRON)」の2人用ルールと3人用・4人用ルールの違い

タギロン ルール紹介

「タギロン(TAGIRON)」は2人だけでなく、3人・4人でも楽しむことができます!人数が変わると下記の通りルールが変わります。

2人用ルール相違点3人用ルール4人用ルール
手持ちの数字5枚(5枚余り)4枚(5枚余り)
質問の回答者自分以外の2名が答える自分を含める全員が答える
宣言自分の質問ターンを使っていつでも宣言可能
除外する質問カード特になし・「3枚の合計数は?」
・「中央の数字は?」など

「タギロン(TAGIRON)」公式HP

公式HPでは、「タギロン(TAGIRON)」のルール紹介動画や印刷用メモ用紙(PDF)がダウンロードすることができます!

さいごに

おすすめボードゲーム「イト」

筆者のおすすめするボードゲーム「タギロン(TAGIRON)」をご紹介いたしました。

相手が持つ数字を当てた時の爽快感はなんとも言えません!そのためには、質問カードの選択と運が勝負を左右いたします!筆者がゲーム時に考えていることは、

  • 序盤は、合計値や赤・青の枚数など、広い情報収集!
  • 消去法で、候補数字を挙げて状況整理を欠かさない!
  • 左から数字が少ない順なので、左右の数字からも消去していくこと!

を考えています!いかに候補数字を狭めるかという消去法のひらめき!文面では、伝わらない興奮がこのゲームにはあります。ご興味ある方は是非購入して楽しんでください!

おすすめボードゲームについて気になる方は下記記事へ!

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

<資格>一級建築士・宅地建物取引士
<趣味>キャンプ(歴22年)、音楽、ボードゲーム

コメント

コメントする

目次