【賢く使おう】香りの効果7選!

香りの効果

この記事では香りが私たちの体に与える効果を知れます

家でアロマを使うから香りの効果を知りたい

色んな香りがあるけどどんな効果があるんだろう

世の中には様々な香りのアロマや商品が売っていて、私たちの暮らしを彩ってくれますよね。

そこで今回は各々の香りの種類と効果について説明していきます。

この記事を参考にお部屋の中香りのあるアイテムを導入する際の参考にしてください。

<この他にも買ってよかった睡眠の質を高めるグッズはこちらの記事をご覧ください>

目次

嗅覚と香りの効果について

この記事では香りの効果について説明していきますが、香りの効果を説明する上で、嗅覚の説明は避けては通れません。

香りを嗅ぐと花の粘膜から脳の自律神経に情報が伝わり、快・不快を感じます。

嗅覚の最大の特徴としては「五感」の中で、「情動」を感じる唯一の機能という点で、「情動」とは怒りや悲しみなど一時的で急激な感情の動きの事をさします。

その為、香りを感じることで一時的に怒りや悲しみ、リラックス効果等様々な精神効果を受けることができます。

各香りの効果を知ることで、その時々に合わせた感情を得ることができるのが、香りの大きな特徴です。

香りの効果7選

それではここから具体的に香りの効果について説明していきます。

香りの系統としては一般的に7種類に分かれていると言われています。

様々な健康効果や精神的な効果があるので、自信にぴったりのものを使用してみてください。

香りの効果①フローラル系

まずは健康や精神に効果のある香りといったら真っ先に思いつきそうなのがこの「フローラル系」ですね。

<フローラル系の香りの種類>
ラベンダー/ローズ/ジャスミン/ゼラニウム

華やかな花や植物由来の香り心地よい種類です。

【フローラル系の香りの効果】
◇イライラを静める
◇ストレスを軽減させる
◇安眠効果

これらのように精神を落ち着かせたい時にはおすすめの効果のある香りです。

常に部屋に香らせておくというよりは、休息時に使用したり、寝室にのみ使用することでより効果的に香りの効果を受けられるでしょう。

香りの効果②ハーブ系

2つめにご紹介する健康や精神に効果のある香りは「ハーブ系」です。

<ハーブ系の香りの種類>
ミント/ローズマリー/バジル/ユーカリ/セージ/タイム

爽快感のある香りで、古くから薬草や料理も使われていたのがこのハーブ系です。

【ハーブ系の香りの効果】
◇リフレッシュしたい
◇元気を出したい
◇集中力を高めたい

仕事や勉強などで疲れてきた時にシャキッと気を引き締めるのにおすすめです。

常に部屋で香っているというよりはスプレーなどで一時的に香るようにすると良いリフレッシュ効果を受けられる香りでしょう。

香りの効果③柑橘系

3つめにご紹介する健康や精神に効果のある香りは「柑橘系」です。

<柑橘系の香りの種類>
グレープフルーツ/レモン/オレンジ/ベルガモット

その名の通り、柑橘系のフレッシュな香りでみずみずしく爽やかな香りが特徴です。

【柑橘系の香りの効果】
◇リフレッシュしたい
◇元気を出したい
◇集中力を高めたい

先ほどのハーブ系の香りと同様に、仕事や勉強などで疲れてきた時にシャキッと気を引き締めるのにおすすめです。

ハーブ系の香りよりも優しい香りが多いので、ハーブ系は少し刺激が強いなという人にはこの柑橘系の香りがおすすめです。

香りの効果④オリエンタル系

4つめにご紹介する健康や精神に効果のある香りは「オリエンタル系」です。

<オリエンタル系の香りの種類>
イランイラン/サンダルウッド/マヌカ/パチュリ

神秘的で官能的な香りが特徴で重たい甘味が印象的なエキゾチックな香りです。

【オリエンタル系の香りの効果】
◇イライラを静める
◇冷静に物事を考えたい
◇瞑想にふけりたい

ゆっくりと何かを考えたい人、精神統一をしたい人におすすめの効果のある香りです。

落ち着きのある香りでもあるので、夜仕事終わりに部屋に香るようにすると思考が整理されリラックスできる香りでしょう。

香りの効果⑤スパイス系

5つめにご紹介する健康や精神に効果のある香りは「スパイス系」です。

<スパイス系の香りの種類>
シナモン/コリアンダー/ブラックペッパー/クローブ

香辛料にも使われていることからわかるように刺激的な香りです。インドなどのアジア圏の国を彷彿とさせる香りです。

【スパイス系の香りの効果】
◇気持ちをリフレッシュする
◇部屋の空気を変える
◇体の機能を高める

独特な効果のある香りの為、他の香りとは違った効果が期待できます。気持ちをリセットして新たに物事を始める際に使用すると気持ちをリフレッシュできておすすめです。

部屋の香りとして使用するよりは、リフレッシュのタイミングや、料理の際に使用すると効果的な香りです。

香りの効果⑥樹木系

6つめにご紹介する健康や精神に効果のある香りは「樹木系」です。

<樹木系の香りの種類>
ヒノキ/ティーツリー/シダーウッド/ローズウッド/サイプレス

森林の中にいるような爽やかな自然の香りが、この樹木系の香りです。

【樹木系の香りの効果】
◇精神を落ち着かせたい
◇冷静に物事を考えたい
◇瞑想にふけりたい

精神を落ち着けてリフレッシュするのにおすすめの香りです。

寝る時やお風呂などでリラックスしている際はもちろんの事、部屋の香りとしても選びやすい香りです。

香りの効果⑦樹脂系

7つめにご紹介する健康や精神に効果のある香りは「樹脂系」です。

<樹脂系の香りの種類>
ミルラ/ベンゾイン/フランキンセンス

樹脂系の香りはその名の通り樹脂からとれる香りで重厚な甘さが特徴です。

【樹脂系の香りの効果】
◇心を落ち着かせたい
◇緊張や不安を和らげたい時
◇気力が出ない時

気分が落ち着いている時やへこんでいる時におすすめの香りで、心身共にリフレッシュできます。

クリームなどに利用されることも多いので、保湿クリームを使う際の香りにもこだわってみるといいかもしれません。

香りの効果 まとめ

今回は香りの主な種類と効果についてご紹介しました。

ただ香りといっても一つずつ効果が違う為、各々の状況や得たい効果に応じて香りをうまく使っていきましょう。

香りは好みが分かれるので、小さい容量のお試しセットで香りや効果を試して比較してみることもおすすめです。

下記にリンクも貼っておきますので是非試してみてください。

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次