【リーダー必見】効率的に部下を育てる方法7選!【メンバー育成】

部下を育てる方法

※本記事内には広告表示を含みます。

この記事では部下を育てる方法を知ることが出来ます

自分の部下を育てる方法を知りたい

リーダーとして部下を育てたい

仕事やプライベートでリーダーの役割を担っている人は部下を育てることも責任の一つですが、部下を育てる方法に悩んでいる人も少なくないと思います。

そこで経営コンサルタントを経験し、多くの成功者や経営者と会ってきた筆者が、部下を育てる方法をご紹介していきます。

【この記事の結論】
◇部下を育てる方法を知ることで理想のリーダーになれる!

【こんな人におすすめ】
◇チームの生産性を高めたい
◇部下の育成に悩んでいる
◇部下を育てる方法を知ることでで周りに差をつけたい

部下を育てる方法を知ることでチームとしての生産性が上がるので、自身にとってもメリットとして帰ってくるでしょう。

この記事を参考に部下を育てる方法を知ることで、理想の暮らしを送ることができるので、ぜひ読み進めてみてください。

このサイトでは生活の効率化を追求しています。
他にも暮らしに役立つ情報が盛りだくさんなので、ぜひ読んでみてください。

<リーダーの素質がある人の特徴についてはこちらの記事をご覧ください>

<成長できる環境についてはこちらの記事をご覧ください>

目次

部下を育てる方法7選

ここからは具体的に部下を育てる方法をご紹介していきます。

【部下を育てる方法】
①成功体験を与える
②適度にほめる
③工夫する余地を与える
④ビジョンを明確にする
⑤利益を明確にする
⑥仕事を任せる
⑦あえて弱みを見せる

部下を育てる方法としてはコミュニケーションの取り方や、自分自身の姿勢もありますがポイントを抑えることで効率化できます。

この記事を参考に部下を育てる方法を知ることで理想の暮らしを目指していきましょう。

部下を育てる方法
①成功体験を与える

ひとつめの部下を育てる方法は「成功体験を与える」です。

人間は成功体験を通じて成長するので部下を育てる方法としても有効です。

◇仕事の契約をとる
◇新しい仕事を覚える
◇誰かに感謝される

のように、小さいもので大丈夫なので成功体験を持つことで自分に自信がつき部下を育てることにつながります。

自信がつくことでマインドが変わったり行動力があがるので部下を育てるために小さい成功体験を積んでもらいましょう。

筆者

簡単な仕事でもこまめに成功体験を与えることで部下を育てる方法を実践しましょう。

<自分に自信をつける方法はこちらの記事をご覧ください>

部下を育てる方法
②適度にほめる

2つめの部下を育てる方法は「適度にほめる」です。

ほめられるというのは嬉しいことですが、部下を育てる方法としても効果的です。

◇軽く声をかけてほめる
◇チャットなど公の場でほめる
◇1on1でほめる

というように、部下が何か成果をあげたらきちんとほめてあげることでやる気をだして、さらなる成長につながります。

むやみやたらにほめすぎても逆効果になることもあるので、タイミングを計ってほめることで部下を育てましょう。

筆者

成果の内容に応じてほめかたを変える事でより効果的に部下を育てることができるので試してみてください。

<周囲に感謝することの効果はこちらの記事をご覧ください>

部下を育てる方法
③工夫する余地を与える

3つめの部下を育てる方法は「工夫する余地を与える」です。

人間は自身で創意工夫の余地がある方がモチベーションがあがります。

◇仕事の進め方を工夫できる
◇時間管理を工夫できる
◇仕事に対して意見を反映できる

これらのような環境が自主的な行動を促進させて部下を育てる方法となり得ます。

会社に応じて様々な事情があるとは思いますが、正当な意見であれば取り入れる環境を作ることをおすすめします。

筆者

適度な裁量権を与えてあげることも部下を育てる方法として効果的でしょう。

部下を育てる方法
④ビジョンを明確にする

4つめの部下を育てる方法は「ビジョンを明確にする」です。

仕事をする上で当人のビジョンは非常に重要なので部下を育てる方法としても意識すべき内容でしょう。

◇仕事を通じて成し遂げたいこと
◇覚えたいスキル
◇将来のキャリアビジョン

など、部下が自分自身のビジョンを明確にして、そのための行動をサポートしてあげることが部下を育てる方法になります。

ビジョンが曖昧という人も少なくないと思うので一緒にビジョンを整理してあげることもリーダーとしての役割でしょう。

筆者

3年後になりたい自分を想像して行動を導いてあげると行動力があがるので自然と部下を育てる方法につながります。

<大きな目標設定の注意点はこちらの記事をご覧ください>

部下を育てる方法
⑤利益を明確にする

5つめの部下を育てる方法は「利益を明確にする」です。

人は仕事において自身に与えられるメリット以上の貢献はしないと言われています。

◇経済的な利益
◇スキルが身につく利益
◇経験やキャリア面の利益

など、仕事を通じてどのような利益が与えられるかを理解してもらうことも部下を育てる方法としては大切です。

現実的な話にはなりますが働く上では非常に重要な要素なので意識的に部下に伝えてみてください。

筆者

利益を明確にする際には、部下が欲している利益を把握したうえで提案してあげるといいでしょう。

部下を育てる方法
⑥仕事を任せる

6つめの部下を育てる方法は「仕事を任せる」です。

仕事ができるリーダーこそ自分でやってしまいがちですが、それでは部下を育てる方法としては不十分です。

◇新しい仕事を任せる
◇ワンランク上の仕事を任せる
◇適度な責任を与える

というように、仕事を部下に任せることで様々な経験を積み、部下を育てることに繋がります。

自分でやった方が速い場合でも少しずつ部下に仕事を任せることで、部下を育てる方法を実践しましょう。

筆者

最初は手間がかかっても仕事を任せることで部下を育てることができ、結果として自身の工数も減るので試してみてください。

<仕事を人に任せる方法はこちらの記事をご覧ください>

部下を育てる方法
⑦あえて弱みを見せる

7つめの部下を育てる方法は「あえて弱みを見せる」です。

リーダーたるもの、常に部下を上回っていないといけないかというとそうではありません。

◇苦手なことを公にする
◇失敗を素直に認める
◇わからないことは尋ねる

など、完璧なリーダーよりも素直なリーダーの方が部下からの評価を得やすく付いてきやすくなります。

部下から助けてもらうことも立派な部下を育てる方法のひとつなので意識してみてください。

筆者

誰でも苦手なことはあるので、素直に弱みを認めることで結果として部下を育てることにつながります。

<恥を克服する方法はこちらの記事をご覧ください>

部下を育てる方法 まとめ

今回は部下を育てる方法をご紹介しました。

様々な人がいるので、その人に合わせた部下を育てる方法を実践するとより効果的でしょう。

この記事を参考に部下を育てる方法を身につけて理想の暮らしを目指してください。

また、部下を育てる方法を身につけて、自身の理想のキャリアを目指していきたいという人は専門家への相談もおすすめします。下記のポジウィルキャリアであれば、無料でキャリア相談が可能です。

◇キャリアに特化したパーソナルトレーニング
◇転職活動などの最新情報
◇面接対策

など、あなたが理想のキャリアを形成する上でのサポートをしてくれます。特に、漠然と環境を変えたいけど「今後のキャリアがまだ決まっていないけど、誰かに相談したい!」という人にはおすすめです。

無料のLINE友達登録で様々な情報を獲得することができます。悩みがある人は一度相談してみることをおすすめしますので、ぜひチェックしてみてください。POSIWILL CARRERの無料LINE登録はこちらからできます(PR)

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

超高単価のマンション営業にてトップの成績を収めたのち経営コンサルタントに転身。
現在では上場IT系にて新規事業立上げの責任者を務める傍ら、「効率化を追求するブログ」の執筆やバンド活動など様々な活動を効率よくこなしています。

コメント

コメントする

目次