【もう恐れない】恥を克服する7つの方法!

恥を克服する方法

※本記事内には広告表示を含みます。

この記事では恥を克服する方法を知ることができます

恥をかくのが怖い

恥をかくのが怖くて行動できない

仕事中の大事なプレゼンやプライベートでも恥をかくのが不安で思うように行動できない事ってありますよね。個人差はあると思いますが、恥が克服できずに困っている人も多いと思います。

そこで経営コンサルタントを経験し、恥を克服した様々な事に挑戦してきた筆者が、恥を克服する方法をご紹介していきます。

【この記事の結論】
◇恥を克服することで行動力が上がる!

【こんな人におすすめ】
恥をかくのが怖い
◇周りの目を気にして行動できない
◇恥を克服することで周りに差をつけたい

恥を克服すると周囲の目が気にならなくなり、行動力も上がるので自身のやりたい事に挑戦することが可能になります。

この記事を参考に恥を克服する方法を知ることで、行動力があがり理想の生活ができるので、ぜひ読み進めてみてください。

このサイトでは生活の効率化を追求しています。
他にも暮らしに役立つ情報が盛りだくさんなので、ぜひ読んでみてください。

<失敗を恐れない方法についてはこちらの記事をご覧ください>

<人からの誘いを断る方法はこちらの記事をご覧ください>

目次

恥を克服する7つの方法

それでは実際に恥を克服する方法をひとつずつご紹介していきます。

【恥を克服する方法】
①恥の本質を理解する
②恥を成長と捉える
③他人との比較をやめる
④応援される人になる
⑤アウトプットに慣れる
⑥自分の弱みを公言する
⑦人からの言葉に素直になる

恥を克服する方法としては考え方の部分や実際に行動に起こすことが必要なこともあります。

ただ、恥を克服すると非常に大きなメリットがありますので、この記事を読み進めて自身で実行できそうなものを試してみてください。

恥を克服する方法
恥の本質を理解する

ひとつめの恥を克服する方法は「恥の本質を理解する」です。

まずは恥というのはどのような時に起こるのかを理解することが恥を克服するためには大切でしょう。

◇理想の自分との乖離があった時
◇自分へのイメージと異なる出来事があった時
◇想定していないことがあった時

など、恥をかくというのが、どのようなシーンでどのような感情が原因で発生しているかを理解することで恥をかくこと自体への抵抗が少なくなります。

意識的な面ですが非常に有効なので、「こういう時に恥をかくんだな」と理解しましょう。

筆者

基本的には自分の理想と異なっている出来事が自分に起こると恥をかきます。そのことを理解の上で行動を変える事が有効です。

恥を克服する方法
恥を成長と捉える

2つめの恥を克服する方法は「恥を成長と捉える」です。

恥をかくこと自体は非常にチャンスであることが多く、成長と捉えることで自然と克服することが可能になります。

◇自分の現状を知れる
◇他人がやりたくない事を知れる
◇他人と差別化ができる

というように恥をかくようなことは自分にとっては成長の余地がある事象であり、他人にとってはやりたくない差別化できるポイントとなります。

恥をかいた時こそ、新たな自分に生まれ変わる瞬間だと考えることで恥を克服することができるので、現実を受け止めて成長のチャンスをつかみ取りましょう。

筆者

ぼくも恥を恐れていましたが、自分の現状に気づけたチャンスと捉えることでその後の成長につなげています。

<成長できる環境に関する記事はこちらをご覧ください>

恥を克服する方法
他人との比較をやめる

3つめの恥を克服する方法は「他人との比較をやめる」です。

恥というのはあくまで他人との比較の上で成り立ちます。そのため、他人との比較をやめることは恥を克服することに繋がります。

◇他人は他人だと思う
◇SNSを見ない
◇ゴシップなどに踊らされない

というように自分自身の価値観持つように行動すると、自然と恥を克服できるようになります。

人と比較することは人生において非常に無駄な行為なので、恥を克服したい人は他人との比較をやめるようにしましょう。

筆者

ぼくもよく人に関心がないと言われますが、その方が自分がやりたいことができて幸せです。恥を克服したい人は他人との比較をやめることをおすすめします。

恥を克服する方法
応援される人になる

4つめの恥を克服する方法は「応援される人になる」です。

あなた自身が周りから応援されるような人であると失敗した際などの恥も応援に変わり克服することができます。

◇失敗しても応援してもらえる
◇明るい気持ちで見守ってもらえる
◇優しいアドバイスをもらえる

というようなメリットが応援される人にはあるので、周りから尊敬される人よりも応援される人を目指す方が恥を克服しやすくなります。

謙遜する気持ちを持ち、応援される立場だと考えることで、恥を克服できるようになるので、ぜひ意識してみてください。

筆者

応援される立場というのは決して恥ずかしいものではなく、むしろ誇らしいと言えます。恥を克服したい人は応援されるというイメージを持つようにしましょう。

恥を克服する方法
アウトプットに慣れる

5つめの恥を克服する方法は「アウトプットに慣れる」です。

アウトプットをするというのは慣れていないと恥と感じることも多いです。

◇人前でスピーチを行う
◇SNSで発信する
◇ブログに記事を執筆する

などの形でアウトプットに慣れることで、恥を克服できるだけでなく自分自身に知識として定着していきます。

また、そのアウトプットから新しいビジネスが生まれることもあるので、常に人にアウトプットする意識を持つようにshましょう。

筆者

経営コンサルタントをやっていた時にはアウトプットをし続ける環境でしたが、そのおかげで成長できたように感じています。

<知識をアウトプットする方法に関する記事はこちらをご覧ください>

恥を克服する方法
自分の弱みを公言する

6つめの恥を克服する方法は「自分の弱みを公言する」です。

恥というのは周りからどう見られているかに起因するため、最初から弱みを公言すると自然と恥を克服できます。

◇苦手な作業を事前に公言する
◇恐れているものを公言する
◇価値観や意向を公言する

など、弱みを公言しておくことで、苦手な分野においてよく見られようという気持ちがなくなり、自ずと恥も克服できるようになります。

場合によってはその苦手分野をサポートしてくれる人も現れるかもしれないので、積極的に自分の弱みを公言するといいでしょう。

筆者

苦手分野を公言するのは大事ですが「できなくて当たり前」と考えるのはやめましょう。苦手なことでも真摯な態度で向き合うことで周りもついてきます。

<弱点を克服する方法に関する記事はこちらをご覧ください>

恥を克服する方法
人からの言葉に素直になる

7つめの恥を克服する方法は「人からの言葉に素直になる」です。

最後に恥を克服するためには人からの言葉やアドバイスに素直になることも重要な要素です。

◇人からの教えを素直に聞く
◇叱られた際に素直に反省する
◇他人の意見を受け入れる

などと言うように、他人からの言葉やアドバイスを素直に受け入れて内省することで、自然と恥は克服できます。

最もよくないのは、恥でないと思い込むために相手を否定してしまうことなので、そのような自覚のある人は要注意です。

筆者

恥を隠すために相手のアドバイスを聞かない事は簡単ですが、全く成長に繋がりません。一旦は受け入れて自分自身で何ができるかを考えて成長を繰り返しましょう。

恥を克服する方法 まとめ

今回は恥を克服する方法をご紹介しました。

恥というのは感じてしまうと行動や思考を抑制してしまうものです。そのため、適度に恥を克服することで人生を好転させるアクションを行うことができるでしょう。

この記事を参考に恥を克服することで、理想の自分を目指して行動を起こしてみてください。

また、恥を克服して、自身の理想のキャリアを目指していきたいという人は専門家への相談もおすすめします。下記のポジウィルキャリアであれば、無料でキャリア相談が可能です。

◇キャリアに特化したパーソナルトレーニング
◇転職活動などの最新情報
◇面接対策

など、あなたが理想のキャリアを形成する上でのサポートをしてくれます。特に、漠然と環境を変えたいけど「今後のキャリアがまだ決まっていないけど、誰かに相談したい!」という人にはおすすめです。

無料のLINE友達登録で様々な情報を獲得することができます。悩みがある人は一度相談してみることをおすすめしますので、ぜひチェックしてみてください。POSIWILL CARRERの無料LINE登録はこちらからできます(PR)

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

超高単価のマンション営業にてトップの成績を収めたのち経営コンサルタントに転身。
現在では上場IT系にて新規事業立上げの責任者を務める傍ら、「効率化を追求するブログ」の執筆やバンド活動など様々な活動を効率よくこなしています。

コメント

コメントする

目次