目覚めすっきり!二度寝しない方法5選!

二度寝をしない方法

つい、朝二度寝しちゃんだよなぁ

こんな悩みを持っている人はいないでしょうか?(まさに僕です)

そこで今回はそんなお悩みを解決するための二度寝しない方法を5つご紹介します。

この記事では下記の事を知ることができます

■二度寝をすることのデメリットを知れる

■二度寝をしない方法を知れる

■二度寝をしない事で豊かな生活を送れる

このブログでは見ている人が「もっと早く知っておきたかった、、、」という内容をまとめ、より賢く暮らす為のお手伝いをしています!よかったら色々な記事を見てみてください^^

<睡眠の質を上げる方法はこちらの記事をご覧ください>

目次

二度寝をするデメリット

まずは朝に二度寝をしてしまうとどのようなデメリットがあるかからお伝えしていきます。

◇朝の予定が崩れる
◇生活リズムが崩れる

朝の二度寝をしてしまって、仕事に遅刻してしまいそうになるという経験は誰でもあると思います。

しかし、二度寝をすることによるデメリットは朝だけでなく、睡眠のリズムが崩れ生活リズム自体が乱れてしまう恐れもあります。

そうすると、夜寝つけずまた次の日の朝が遅くなるという、悪い循環に入ってしまいます。

朝すっきり起きて行動することで生活リズムを整えていきましょう。

<朝から行動力を出す方法はこちらの記事をご覧ください>

二度寝をしない方法5選

それでは具体的に二度寝をしないためにはどのようにした方がいいのかを説明していきます。

◇スマホや目覚ましを布団から遠ざける
◇カーテンを空けて陽の光を浴びる
◇水や炭酸水を飲む
◇声を出しながらストレッチする
◇朝にやることを決めておく

当たり前ですが意識するだけでだいぶ違うので、是非とも実践してみてください。

<成功者になる為の朝の習慣についてはこちらの記事をご覧ください>

二度寝をしない方法
①スマホや目覚ましを布団から遠ざける

二度寝を防ぐ方法として一番は布団から出るという事です。

その為、朝にかけるアラームは布団から離して歩かなければいけない所に置くようにしましょう。

部屋の中を歩きながら、後述する内容を行うことで確実に朝起きられるようになります

まずはとにかく布団から脱出するという事を第一に考えましょう。(僕はそのまま床で寝ていた経験もありますが、この後の方法で改善しました。)

二度寝をしない方法
②カーテンを空けて陽の光を浴びる

布団から遠ざけたアラームを止めに行くついでにカーテンを空けて陽の光を浴びるようにしましょう。

陽の光を浴びるとセロトニンが分泌され体内時計が切り替わることで交感神経が優位になっていきます。

その為、朝はまず日光を浴びるという事を意識しましょう。

部屋の日当たりが悪くて陽の光が入らない

朝早くて太陽出てないよ

そのような場合は蛍光灯の光でも多少の効果はあるので、まずは電気をつけるという習慣をつけるのも大切です。

また、僕は目覚ましと電気を兼ねて光で目覚める目覚ましも使ってます。朝に音と光のダブルパンチで確実に目覚めるのでお勧めです。是非使ってみてください。

二度寝をしない方法
③水や炭酸水を飲む

水を飲むと目が覚めるイメージはありますよね。

これは水の冷たさもありますが眠っていた内臓が活動をし始めるためでばっちり効果があります。特に炭酸水の方が覚醒度が高いのでお勧めです。

<炭酸水の健康効果はこちらの記事をご覧ください>

ただ、朝に水を飲む時には注意点があり

キンキンに冷えすぎた水を飲まない

これは非常に重要で朝から冷えた水を飲むと胃腸に刺激を与えてしまったり体温を下げてしまう恐れがあります。

その為、朝はまず常温の水や白湯を飲むようにしましょう。

ちなみに僕は目覚ましの横に電気のリモコンとウォーターサーバーを置いて全て同時に出来るようにしています。

<水の飲み方に関する記事はこちらご覧ください>

二度寝をしない方法
④声を出しながらストレッチする

朝起きたときに良く背中を伸ばす人もいると思いますが、このようなストレッチは非常に有効です。

朝にストレッチのような軽い運動をすると交感神経が活発になりぱっちりと目が覚めるようになります。

また、寝ている間は姿勢により体のどこかしらが凝っていたり、血行が滞っている可能性があります。その状態をストレッチによりほぐすことで体も軽くなります。

また、個人的になおすすめとしてはストレッチの際に声を出すことです。

独り言でも声を出すと脳が目覚め二度寝しにくくなるので騙されたと思って是非やってみてください。

二度寝をしない方法
⑤朝にやる事を決めておく

最後の二度寝しない方法は朝にやることを決めておくことです。

朝にやる事を決めても二度寝しちゃうよ

という人はその予定を人やお金を使って強制力のあるものにするといいです。

◇朝に友達と1分程度の電話をする
朝に起きた旨をツイートする
◇朝に映画館のチケットをとる

など、朝にやらないと信頼を失う物やお金を損する予定を入れると起きれるようになります。(僕はこないだポップコーンが食べた過ぎて映画のチケットとったらすっきり目覚めました。ポップコーンは映画が始まる前になくなってました)

あとは朝の7時にカフェのレシートの写真を友達に送ったりもしていました。

このように外的な要因を使うと朝はすっきり起きられるようになるのでお勧めです。

<朝からやる気を出す方法に関してはこちらの記事をご覧ください>

二度寝をしない方法 まとめ

今回は二度寝しないための方法をご紹介しました。

二度寝は気持ちよくストレスホルモンの観点からはむしろ体にいいとも言われています。しかし、朝やその日の予定を崩してしまう二度寝が習慣化してしまうともったいないので、是非とも改善してみてください。

このブログでは他にも賢く暮らす為の情報を発信していますので、是非とも他の記事も読んでみてください。

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次