【攻略法掲載】ボードゲーム「犯人は踊る」ルール解説!

カードゲーム「犯人は踊る」

「犯人は踊る」ってどういうルールなんだろう?

家族と友人たちと楽しいひと時を過ごせるボードゲーム「犯人は踊る」。

10〜20分と短時間で勝負が決まり、推理力と心理戦が楽しめるゲームです。今回は「犯人は踊る」のルール解説と攻略法ご紹介をしたいと思います。

【こんな人におすすめ】
◇犯人は踊るのルールを知りたい
◇犯人は踊るの攻略法を知りたい

筆者の信頼度

私は幼少期の頃から家族で様々なボードゲームを遊んできました。
今では、100種類以上のボードゲームを経験しています。
私が培ってきたボードゲームの知見を皆さんにお届けいたします。

目次

「犯人は踊る」の概要

カードゲーム「犯人は踊る」
参照:すごろくやHP

「犯人は踊る」とは、鍋野企画によりゲーム開発されたボードゲームです。「犯人は踊る」は、とある事件の犯人を探すボードゲームとなっています。最初にカードが配布され、1枚ずつカードを出していく。その道中「犯人」のカードは別のプレイヤーへとコロコロと移っていきます。どのカードを渡すのか、誰が犯人のカードを持っているのか、その考察力心理戦がゲーム攻略の鍵となります。

ー基本情報ー
<プレイ人数>:3~8人
<プレイ時間>:約20分
<対象年齢>:8歳以上

「犯人は踊る」ゲームの目的

カードゲーム「犯人は踊る」
参照:すごろくやHP

「犯人は踊る」は、犯人のカードを誰が持っているか暴くゲームとなっています。暴く方法は、「探偵」カード「犬」カードの2種類。それらカードをかわして、「犯人」カードを場に出すことができれば犯人(および「たくらみ」カードを出した人)の勝利となります。まとめると勝利条件は以下の3通りとなります。

・「探偵」カードで「犯人」カードを持っている人を当てる。:「探偵」の勝利
・「犬」カードで「犯人」カードを特定する。:「犬」の勝利
・最後の手札で「犯人」カードを場に出す。:「犯人」および「たくらみ」の犯人チーム勝利

カードを交換することが多いので常に変わっていく状況を把握するのが攻略の鍵です。

様々な種類の効果カードを使って、犯人の痕跡を追い、考察・推理をして、「探偵」カード・「犬」カードを使うタイミングの心理戦を楽しみましょう!

「犯人は踊る」カードの種類

カードゲーム「犯人は踊る」
参照:すごろくやHP

カードの種類は12種類で、おおよそ4つに分類されます!

犯人側のカード

「犯人」カード
最後の手札になった時、出すことができる。出せれば勝利。

「アリバイ」カード
このカードを持っていると、探偵に当てられても「犯人ではありません。」ということができる。
このカードは、場に出しても効果は何もありません。

「たくらみ」カード
カードを出すと犯人の味方となります。犯人が勝利すると勝利となります。

探偵側のカード

「探偵」カード
「犯人」を持ってそうな人を指名し、犯人を当てたら勝利。ただし、アリバイを持っていると、回避されてしまいます。

「犬」カード
他のプレイヤーの手札から一枚を選び、カードを全員に見せる。そのカードが「犯人」の場合、犬の勝利となります。「犯人」でない場合は、元の手札に戻し、ゲームを続けます。

「少年」カード
誰が「犯人」カードを持っているか知ることができます。他プレイヤーは目を伏せ、犯人を持っている人は手をあげてもらいます。

手札交換のカード

「うわさ」カード
全員が右隣からカードを一枚引く(ババ抜きの要領)

「情報操作」カード
全員が左隣に好きなカードを一枚渡す

「取り引き」カード
好きな相手とカードを交換する

その他のカード

「一般人」カード
効果なし

「目撃者」カード
指定した人の手札を見ることができる

「第一発見者」カード
スタートプレイヤーとなる

様々な種類のカードがあるので、うまいタイミングで使用していくことが攻略には必要です。

カードを使うタイミングを見極めながらゲームを攻略していきましょう。

「犯人は踊る」ゲームの準備

STEP1:使用するカードを決める

プレイヤー人数×4枚のカードを使用します。「探偵」「犯人」「第一発見者」を各1枚以上入れ、その他のカードはゲームバランスを考えてみんなで決めましょう!

STEP2:4枚づつ配布

選んだカードをシャッフルして、全員に4枚ずつ配布します。「第一発見者」カードを持っている人が事件名を言いながら、場に出しゲームスタートです。

「犯人は踊る」の遊び方

カードゲーム「犯人は踊る」
参照:すごろくやHP

「第一発見者」カードを場に出してゲームスタートになります。

時計回りの順番に、手札から1枚カードを出して、カード効果をおこないます。「探偵」や「犬」のカードは2周目から使用可能となります。

ゲームの終了

ゲームの勝敗がついた時点でゲーム終了となります。

・「探偵」カードで「犯人」カードを持っている人を当てる。:「探偵」の勝利
・「犬」カードで「犯人」カードを特定する。:「犬」の勝利
・最後の手札で「犯人」カードを場に出す。:「犯人」および「たくらみ」の犯人チーム勝利

「犯人は踊る」の攻略法

状況が常に変わっていくゲーム性のため完全な攻略法はありませんが、筆者が「犯人は踊る」を攻略する際に気をつけていることを紹介します。

「犯人は踊る」の攻略法
①序盤は情報収集に徹する

ひとつめの「犯人は踊る」の攻略法は「序盤は情報収集に徹する」です。

カードの持ち主を当てるゲーム性のため、序盤は誰がどカードを持っているかを把握する必要があります。

カードの所在が分かる「目撃者」や「少年」などを使って誰がどんなカードを持っているかを把握して攻略しましょう。

「犯人は踊る」の攻略法
②犯人は自身が有利な状況を作る

2つめの「犯人は踊る」の攻略法は「犯人は自身が有利な状況を作る」です。

犯人側の場合ですが、正体がばれていても招待を暴くカードを使われなければ問題ありません。「犯人」や「たくらみ」を持っていたら、「探偵」や「犬」を無駄に使う事で、攻略に近づきます。

注意点としてはカードの交換が頻繁に行われるので、犯人じゃなくなった際は一気に不利になるので注意しましょう。

「犯人は踊る」の攻略法
③「たくらみ」カードを上手く使う

3つめの「犯人は踊る」の攻略法は「「たくらみ」カードを上手く使う」です。

「犯人」での勝利は、最後の交換カードがどうなるかによって不確実になりますが、「たくらみ」は、勝利を確実のものにできます。「犯人」勝利より「たくらみ」勝利を狙うことで攻略に近づきましょう!

「犯人は踊る」を賢く買う方法

カードゲーム「犯人は踊る」

「犯人は踊る」などのボードゲームを買うのであれば、駿河屋通販がおすすめ!

【新品・中古】ボードゲームを買うなら駿河屋

駿河屋でボードゲームを買うべき5つの理由を以下にまとめます。

  1. ボードゲーム専門店で安心
  2. 新品・中古を選んで購入が可能
  3. 新品でも定価より安く購入が可能
  4. 期間限定のセールやキャンペーンが豊富
  5. 予約商品は期間内の最安価格で販売

1.ボードゲーム専門店で安心

なんといってもボードゲーム専門で取り扱っており、他ショッピングサイトなどよりも安心感があります。実店舗も北海道から九州まで48店舗あるので、もしもの時は店舗に問い合わせをすることができます。店舗では、実際に商品を手に取りながら中古品でも安心して購入することができるでしょう。

2.新品・中古を選んで購入が可能

駿河屋では、新品と中古がわかりやすく表示されて選んで購入することが可能です。新品と中古の価格差を見ながら、「この価格差なら新品でいいかな。」と判断することができます。

3.新品でも定価より安く購入が可能

新品でも定価より安く購入することができます。人気のボードゲームでも“新品定価の30%off”で購入できたりします。

4.期間限定のセールやキャンペーンが豊富

期間限定のタイムセールやキャンペーン(まとめ売りなど)も実施しています。例えば、まとめ売りキャンペーンでは、対象商品を5個以上買うと5%OFF10個以上買うと10%OFF15個以上買うと15%OFFといったように、まとめて購入するのにおすすめです!

5.予約商品は期間内の最安価格で販売

発売前の予約に限りますが、予約開始から販売開始までの間での最安価格での販売となります。この制度のおかげで「予約の後、価格が下がるかも。」と心配することなく、商品予約をすることが可能です!

以上5つの理由から、ボードゲーム購入は駿河屋通販が賢く買う方法となります。気になる商品がある方は駿河屋通販を見てみましょう。

【新品・中古】ボードゲームを買うなら駿河屋

「犯人は踊る」のルール・攻略法紹介 まとめ

カードゲーム「犯人は踊る」

筆者のおすすめするボードゲーム「犯人は踊る」のルールと攻略法をご紹介いたしました。使用するカードによって戦略が変わるので見極めながら、楽しくゲームをやりましょう!

奥の深いボードゲームには、やることで様々なメリットがあります。下記記事にてまとめたので興味のある方はぜひご覧ください。

文面では、伝わらない興奮がこのゲームにはあります。ご興味ある方は下記のリンクからぜひ購入して楽しんでください!

皆さんが楽しいひと時を過ごすためこの記事を書きました。この記事が参考になれば幸いです。

ボードゲーム特集は下記記事より

おすすめボードゲームは下記記事より

ボードゲームを趣味にする効果は下記記事より

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

<資格>一級建築士・宅地建物取引士
<趣味>キャンプ(歴22年)、音楽、ボードゲーム
効率よく日々の暮らしを楽しくする方法を模索してます。

コメント

コメントする

目次