【要注意】転職をするデメリット7選!

転職をするデメリット

この記事では転職をする際のデメリットを知れます

転職したいけどどんなデメリットがあるんだろう

転職したいけど不安

こんなお悩みを持つ人は多いと思います。

そこで今回は転職をする際に生じるデメリットをご紹介します。

この記事を参考に転職をするかどうかの判断をしてもらえたら幸いです。

<やりたくない仕事への対処法はこちらの記事をご覧ください>

目次

転職をするデメリット7選

それではここから転職をするデメリットを具体的に紹介していきます。

◇時間やお金を消費する
◇人間関係がなくなってしまう可能性がある
◇社内で得た評価がなくなってしまう
◇自分の自信を無くしてしまう
◇給料が下がってしまう恐れがある
◇会社での立場が悪くなる可能性がある
◇精神的に疲弊してしまう

もちろん転職をすることで得られるメリットも沢山あります。

しかし、闇雲に転職活動をするとデメリットを受けてしまうリスクもあります。

転職に悩んでいる人は一度この記事を参考にして自身の転職活動について考えてみてください。

<転職をするメリットに関する記事はこちらをご覧ください>

転職をするデメリット①時間やお金を消費する

まず1つめの転職をするデメリットは「時間やお金を消費する」です。

これは当然ですが、転職をする際に貴重な時間やお金を消費するというデメリットが生じます。

【時間の消費】
◇ESや応募先を選ぶ時間
◇面接対策の時間
◇面接の時間

【お金の消費】
◇選考先を学ぶための書籍等
◇移動のための交通費
◇面接前後のカフェ代

など、大したことない物もあるかもしれませんが、普段仕事をしている社会人からすると特に時間の消費は痛いですよね。

その為、「自身のキャリアをまずよく考える」「転職目的をよく考える」「応募先を絞る」など、明確な目的意識をもって転職活動を行うと良いでしょう。

<時間を作るための記事はこちらの記事をご覧ください>

転職をするデメリット②人間関係がなくなってしまう可能性がある

2つめの転職をするデメリットは「人間関係がなくなってしまう可能性がある」です。

これもわかりやすいデメリットですが、転職活動を行うと既存の人間関係はなくなってしまう可能性があります。

◇前職の上司
◇前職の顧客

などは特にまた会いましょうと連絡先を交換しても会わなくなることが多いです。

もちろん人間関係は常に新しくしていく必要はありますが、今の人たちとは会わなくなる生活になる事は覚悟しておきましょう。

<ビジネスマンが付き合うべき交友関係はこちらの記事をご覧ください>

転職をするデメリット③社内で得た評価がなくなってしまう

3つめの転職をするデメリットは「社内で得た評価がなくなってしまう」です。

これも当然のデメリットですが、新しい会社に行くと社内で得た評価は無くなってしまいます。

基本的に残るのは役職などの肩書程度で、主に

◇過去の営業成績
◇誰よりも努力をした実績
◇仕事の正確さやスピードなど

これらの定性的な評価に関しては、次の職場ではないものと思って考えた方がいいでしょう。

その為、前職で活躍していた人でも転職した後は早急に成果を出していく必要があります。

初心に帰って、成果を出すことに集中しましょう。

転職をするデメリット④自分の自信を無くしてしまう

4つめの転職をするデメリットは「自分の自信を無くしてしまう」です。

これはケースバイケースですが、転職活動が難航すると自分自身に自信を無くしてしまうデメリットはあります。

自信を無くしてしまう要因としては、

◇面接に中々通らない
◇企業から厳しいフィードバックをもらう
◇選考企業の社員がまぶしく見える

などで、あくまで転職活動は縁やタイミングも重要なので、決まらないから無能というわけではないですが、長期間転職活動を行っていると自信を無くしてしまいがちです。

自身の転職する目的やキャリアビジョンを明確にして強い心をもって挑戦していく必要があります。

<自分に自信を持つ方法に関してはこちらの記事をご覧ください>

転職をするデメリット⑤給料が下がってしまう恐れがある

5つめの転職をするデメリットは「給料が下がってしまう恐れがある」です。

給料を上げるために転職するんじゃないの?

と思うかもしれませんが、転職を進めている間に考えが変わっていくケースもあります。

◇やっとの思いで決まったから給料を妥協する
◇とにかく今の仕事を辞めたいから給料が低くても妥協する
◇歩合による給料想定が現実離れしている

これらのケースでこのデメリットは起こりえます。

もちろん、優先度が自身の経験や働きやすさであれば問題ないかもしれませんが、闇雲に理想を下げてしまう事には注意しましょう。

転職をするデメリット⑥会社での立場が悪くなる可能性がある

6つめの転職をするデメリットは「会社での立場が悪くなる可能性がある」です。

これは、転職活動をしていることが今の会社にバレた場合の話です。

もちろん皆さんの会社や上司の考え方にもよりますが

◇会社辞めたいのかと高圧的な態度をとられる
◇社内で腫れ物扱いされる
◇新しい仕事などを振られなくなる

など、働きづらい環境になってしまいます。

その為、仕事柄こっそり転職活動ができないという人は

◇思い切って会社を辞めるor求職する
◇まずはキャリア相談などから行う

というような形で環境を悪化させない覚悟や工夫が必要です。

転職をするデメリット⑦精神的に疲弊してしまう

7つめの転職をするデメリットは「精神的に疲弊してしまう」です。

こちらはこれまでのデメリットを包括したものですが、転職活動をしていると精神的にかなり疲弊します。

◇面接が中々通らない
◇自身の将来が不安になる
◇あれこれ目移りして自身のキャリアビジョンが曇ってしまう

など、思っている以上に考える事が多く疲れてしまいます。

自身のキャリアビジョンや目的を明確にすることで進むべき道を曇らせずに転職活動が出来るので意識しましょう。

転職を検討している人におすすめのサービス

転職をするデメリットはわかった

転職活動をしたいけど今の自分には少し早いかも

という人も多いと思います。

実際に転職活動をするとなると

◇自己分析をする
◇業種を決める
◇職種を決める
◇選考用の書類を書く
◇面接に申し込む
◇面接対策をする

など、たくさんやることがありますよね。

そんな時間はすぐに割けないけど、キャリアの事を相談したい

そんな人にはポジウィル キャリア」というサービスがおすすめです。

このポジウィル キャリアはキャリアに特化したコンサルをしてくれるサービスで、自分自身の望んでいるキャリアを整理して、転職すべきか、今の仕事を続けるべきかなどのアドバイスをしてもらえます。

【ポジウィル キャリアのメリット】
①転職サイトや転職エージェントだけでは解決し切れない、キャリアの軸や強みを明確にできる
②短期集中的に自己分析から求人探し・応募まで徹底的に伴走するトレーニングシステム
③無料で相談できる

僕自身も転職エージェントを使用したことありますが、彼らの目的は「求職者のキャリア構築」ではなく「求人企業への入社」です。その為、汎用的なアドバイスが中心であったり、ミスマッチな面接、入社の後押しをしてくる場合もあります。

しかし、「ポジウィル キャリア」であれば、自身のキャリアを細かく設定したうえで最適な方向性を提示してくれます。

漠然と将来に不安がある

このまま今の仕事のままでいいかわからない

このような人たちはまずは無料相談をして自身のキャリアを明確にしていくことをおすすめします。

筆者が経営コンサルタントをしていた際に伸びている企業は将来のビジョンとその為のアクションが明確でした。これは個人にも言える事なので、将来に漠然と不安を抱えている人は下記のリンクから無料相談だけでもしてみてください。

【ポジウィル キャリア】の無料相談予約はこちらから!

転職するメリット まとめ

今回は転職をするデメリットについてご説明しました。

転職活動とは挑戦なので、もちろんデメリットも存在します。自分自身の目指すべきビジョンを見失わないようにすることが重要です。

この記事を参考により賢い転職活動をしてもらえると幸いです。

<めんどくさい仕事に関する対処法はこちらの記事をご覧ください>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次