【仕事が辛い人必見】やりたくない仕事を乗り切る方法5選!

やりたくない仕事を乗り越える方法

この記事ではやりたくない仕事を乗り切るための方法を知れます

この仕事やりたくないなぁ

自分がやりたい仕事はこれじゃないなぁ

このように日々感じる人は多いのではないでしょうか。

実際僕もそうですし、露骨に態度に出るので周りからはよく思われていないと思います笑

ただ、本当に自分がやりたい仕事をするためにもやりたくない仕事をしなければいけない時もありますよね

そこで、今回はそんなやりたくない仕事を乗り切るための方法や考え方を5つご紹介します。

皆さんもこの記事をよんで、やりたくない仕事を乗り切って自分が本当にやりたい仕事に向けて走っていきましょう。

この記事では下記の事を知ることができます

■やりたくない仕事の対処方法を知れる

■やりたくない仕事を乗り越える思考方法を知れる

■やりたくない仕事と上手に付き合える

このブログでは見ている人が「もっと早く知っておきたかった、、、」という内容をまとめ、より賢く暮らす為のお手伝いをしています!よかったら色々な記事を見てみてください^^

<あなたも企業も要注意?ブラック企業の特徴はこちらをご覧ください>

<仕事のミスはあなたのせいじゃない?脳の仕組み解説はこちらの記事をご覧ください>

目次

なぜやりたくない仕事をしなければいけないのか

まず、なぜやりたくない仕事をしなければいけないかというと

◇お金のため
◇周りの評価のため
◇家族や大切な人のため

皆さんこのような理由かと思います。

私自身、やりたくない仕事を自分を押し殺してまでやる必要はないという考えです。

しかし、生活や開業資金を貯めるため、本当にやりたい事を任されるようになるため、やりたくない仕事をやる必要が出てくるのも事実です。

その為、

この仕事やりたくないから適当でいいや

と腐るのではなく、

自分が本当にやりたい仕事の為に頑張ろう

と考え方を変えて前に進んだ方が自分にとっては得になるケースもあります。

この記事で一人でも多くの人がやりたくない仕事を乗り切る為の力になれれば幸いです。

<仕事の集中力を上げる方法に関してはこちらの記事をご覧ください>

やりたくない仕事を乗り切る方法5選

それではやりたくない仕事を乗り切るための方法を5つ紹介していきます。

①朝に困難を想定する
②細かい目標を立てる
③こまめに休憩する
④成長になる部分を探す
⑤思い切ってやらない

主に考え方やルール付けの部分が多いので1つずつ説明していきます。

やりたくない仕事を乗り切る方法
①朝に困難を想定する

まず、1つのやりたくない仕事を乗り切る方法は朝に困難を想定する事です。

研究によると、仕事終わりの疲労感やストレスに関して、朝の段階で困難を想定しているとその分低くなるという結果が出ています。

これは相対的な感覚によるもので、やりたくない仕事を過度に困難だと想定すると、実際に行った際に楽に乗り切れると言うものです。

しかし、注意点があり、朝から困難な事を想定しすぎてしまうと幸福度が下がり精神的にキツくなってしまう恐れがあります。

何となく嫌だなあという感覚でなく、○分くらいかかりそうなど、定量的な想定を大きく見積もるようにしましょう。

<朝から活力いっぱいでやる気を出す方法はこちらの記事をご覧ください>

やりたくない仕事を乗り切る方法
②細かい目標を立てる

2つ目のやりたくない仕事を乗り切る方法は細かい目標を立てるという方法になります。

これにはいい効果が2つあって

◇成功体験を何度も積める
◇少ない時間の集中で済む

という点です。人間のモチベーションや生産性には成功体験が大きく影響しています。

わかりやすいのはTVゲームで細かく区切られたステージや敵を倒す事で達成感を感じドーパミンが出ることで次に進みたくなります。

その為、やりたくない仕事においても「何時までに○件アポをとる」のように細かい時間区切りで目標達成していくとモチベーションが続きやすいです。

また、そうする事で短時間で集中して仕事を片付けられるので効率化に繋がります。

やりたくない仕事こそ短時間でゲーム感覚で片付けましょう

やりたくない仕事を乗り切る方法
③こまめに休憩をとる

3つめのやりたくない仕事を乗り切る方法としてはこまめな休憩が効果的です。

こまめな休憩をとる事で

◇締切効果による効率化
◇集中力の維持
◇終業後の疲労感低減

この3つが期待されます。

まず、締切効果についてですが人間は時間が限られている方が効率があがります。(どうしても残業したくない日の夕方を思い出してみてください)

そのため、休憩までの時間を決めて、終わらせるノルマを課す事で短時間でこなせる様になります。

また、私たちの集中力が続く時間には限界があるので25〜30分程度で軽く休憩を挟むと集中力を持続させやすいです。

最後にやりたくない仕事の後に皆さんがやりたい仕事や趣味の時間があると思いますが、疲れて何も出来ないという人もいると思います。

その場合もこまめな休憩を取る事で疲労感を低減するので自分の時間をうまく確保できるようになります。

休憩の注意点としては

◇必ず時間を決める
◇仕事のことは考えない
◇座りっぱなしを避ける

これらの工夫が必要です。休憩を悪と考えずに積極的に仕事に取り入れて効率化していきましょう。

<午後の生産性を上げるための昼休みの取り方はこちらをご覧ください>

やりたくない仕事を乗り切る方法
④成長になる部分を探す

4つめのやりたくない仕事を乗り切る方法は考え方の部分になります。

まずは仕事をやりたくないと思う要因として

◇やりがいを感じられない
◇成長を感じられない
◇社会的意義を感じられない
◇創意工夫ができない

などがよく上げられるほど、成長や意義というのは重要になってきます。

そのため、自身が取り組む内容に対して成長となる部分をイメージするとモチベーションアップに繋がります

一概に営業だとしても

◇覚えた営業心理を1つずつ使ってみよう
◇知らない人と雑談するスキルを身につけよう
◇将来起業した時の営業方法と比較してみよう

など、考え方を変えるだけで取り組み方は変わってくると思います。

せっかく貴重な時間を使ってやりたくない仕事をするのであれば考え方ややり方を工夫して自分の成長に繋がるように仕事をしていきましょう

やりたくない仕事を乗り切る方法
⑤思い切ってやらない

ここまで、やりたくない仕事を乗り切る方法をお伝えしてきましたが

考え方ややり方を変えたけど無理なものは無理

って人もいると思います。その場合は思い切ってやらないという選択肢もありだと思います。

ただ、仕事をサボっていいよ、という訳ではなく環境を変えた方がいいよという意味になります

◇上司に担当や部署の変更を相談する
◇働き方の相談をする(出社orリモート)
◇業務量やノルマの相談をする

これの相談を上司やマネージャーにしてみるといいでしょう。

会社としても最適な人材配置は重要なので基本的には話を聞いてもらえると思います。

相談したけど相手にされなかった

相談できる様な環境じゃない

というようであれば転職や独立を考えてみるのもいいかもしれません。

僕自身2回転職していますが、いまや転職が当たり前の時代なので自身のやりたい事やステップアップの為にまずはエージェントに相談してみるのも有効です。

無料で相談できるサイトをいくつか張っておくので、まずは話を聞いてもらってから、自分にとってやりたい仕事ができる環境を作っていきましょう。

やりたくない仕事を乗り切る方法 まとめ

やりたくない仕事を乗り切る方法

今回はやりたくない仕事を乗り切るための方法をご紹介しました。

好きなことを仕事にするのは難しいことです。ただ、そのやりたい仕事のために今の仕事を精いっぱいやる事は大事なことです。

もちろん無理せずに休んだり、環境を変えることも重要ですので、自身に合った方法でやりたくない仕事を乗り切っていきましょう

このブログでは他にも賢く暮らす為の情報を、発信しているので是非とも他の記事も読んでみてください。

<仕事を乗り切るために自分に自信を持つ方法はこちらの記事をご覧ください>

<あなたも企業も要注意?ブラック企業の特徴はこちらをご覧ください>

<仕事がめんどくさいと感じたときはこちらの記事を参考にしてください>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次