当てはまったら要注意!ブラック企業の特徴5選!

ブラック企業の特徴

この記事ではブラック企業の特徴を知ることができます。

今の会社しんどいけどブラック企業なのかな

就職活動してるけど、どんな企業がブラック企業なんだろう

皆さんせっかく働くなら働きやすい環境で働きたいですよね。

そこで今回は当てはまったら要注意!なブラック企業の特徴を5選、お伝えしていきます。

是非皆さんの職場環境の特徴と照らし合わせてみてブラック企業かどうかチェックしてみてください。

<仕事がつらい人はこちらの記事も是非読んでみてください>

<仕事のあなたのミスはあなたのせいじゃない?脳の仕組み解説はこちらの記事をご覧ください>

目次

ブラック企業で働くデメリット

まずはじめになぜブラック企業で働いてはいけないかからご紹介します。

◇メンタルがやられて働けなくなってしまう
◇身体的なダメージが蓄積されてしまう
◇プライベートや大切な人との時間がなくなってしまう

など、様々な弊害があります。

ブラック企業で働いていても

環境を変えるのが怖い

自分じゃ転職できない

など諦めてしまい、ずるずるとブラック企業で働いて体や精神を削ってしまう人も多くいます

これからお伝えするブラック企業の特徴に当てはまる人は、体を壊す前に職場や環境を変える方法を考えるといいでしょう。

<仕事がめんどくさい時の対処法はこちらの記事を参考にしてください>

ブラック企業の特徴5選

ここからはブラック企業の特徴について一つずつ見ていきましょう。

◇長時間労働
◇裁量権が少ない
◇自身の役割が曖昧
◇職場のコミュニケーション環境が悪い
◇仕事内容に制限が多い

ブラック企業の特徴①長時間労働

まず一つ目のブラック企業の特徴は「長時間労働」です。

これは真っ先に思いつく人も多いのではないでしょうか。

長時間労働の特徴としては毎日残業が多い事や、土日の出勤頻度が多いだけでなく、

◇休日や就業時間後も当たり前のように連絡や指示がくる
◇休暇や早退を好きなように取れない

なども当てはまります。

もちろん、怠惰な理由での休暇や早退は問題ですが、家族や大切な人との時間を仕事に割くことになるのは問題ですよね。

このような環境にいると肉体的にはもちろんの事、精神的にも疲弊していくので要注意です。

ブラック企業の特徴②裁量権が少ない

2つめのブラック企業の特徴は「裁量権が少ない」ことです。

これは自身で決められる業務が少ないという事で

◇作業内容や効率化の工夫ができない
◇自身の判断で仕事を進められない

などが当てはまります。

これらは大きい会社に行けば行くほど決められたルールやマニュアルに沿っていく必要性が高い傾向にあります。

実際に人間は自身で選択したものの方が、好感を感じ、幸福度も上がると言われています。

今の仕事に満足していないようであれば、自身で決定できる領域を増やすよう意識してみましょう。

ブラック企業の特徴③自身の役割が曖昧

3つめのブラック企業の特徴は「自身の役割が曖昧」という点です。

自身の役割が曖昧というのは

◇自身に与えられた業務に責任がない
◇誰がやってもいいような雑用ばかり

このような仕事ばかりしていると自身の役割が曖昧に感じてしまい、仕事での幸福度が下がってしまいます。

自身の役割が曖昧な環境だと、仕事のモチベーションも上がりにくく、幸福度も低いまま仕事をすることになるので、自身の役割を明確にしながら仕事をするとよいでしょう。

ブラック企業の特徴④職場のコミュニケーション環境が悪い

4つめのブラック企業の特徴は「職場のコミュニケーション環境が悪い」です。

これもイメージがつきやすい人は多いのではないでしょうか。

◇相談や質問がしにくい
◇他人の悪口を言う人が多い
◇攻撃的な発言をしてくる人が多い

など、ネガティブなコミュニケーションが多い環境はブラック企業の特徴と言えるでしょう。

最近ではリモートで仕事をする企業も増えたことから、コミュニケーションに関しては課題が残る企業も多いので、これらの悩みを持つ人は増えているようです。

<ビジネスマン必見の交友関係の作り方に関する記事はこちらの記事をご覧ください>

<絶対に近づいてはいけない人の特徴についてはこちらの記事をご覧ください>

ブラック企業の特徴⑤仕事に制限が多い

5つめのブラック企業の特徴は「仕事に制限が多い」という点です。

仕事の制限とは

◇会社のルールが多く好きなように仕事を進められない
◇人間関係を意識するあまり好きな事ができない

など、思うように仕事を進められない環境を指します。

もちろん会社も組織としてルールや制限が必要ですが、行き過ぎたものは逆効果になります。

これも大きい企業に多いような印象ですが、会社内の小さいコミュニティ内でも起こりうることなので、注意しましょう。

なぜブラック企業から逃げられないのか

ここまででブラック企業に当てはまる特徴をご紹介しました。

ブラック企業に勤めていない人からすると

何でブラック企業に働き続けるの?

という疑問を持つ人もいるかもしれませんが、これは人間のもつ恒常性(ホメオスタシス)が影響しています。

恒常性(ホメオスタシス)とは今の環境を維持しようとすること

で、「転職してもっと悪いところに行ったらどうしよう」「転職先で上手くやれるか心配」という感情からブラック企業から抜け出せず、精神や肉体を壊してしまう人が多いです。

その為、人間は変化を恐れる生き物であるという事を理解した上で、自身にとってブラック企業を抜け出すことがプラスになるようであれば抜け出すことをおすすめします。

ブラック企業の抜け出し方

最後にブラック企業の抜け出し方を3つご紹介します。

ブラック企業の抜けだし方①社内の環境を変える

まずはじめはブラック企業内での環境変化に挑戦してみましょう。

◇自身で決定する仕事を増やす
◇本部や上司にかけあい配置変更を依頼する

など、会社によっては掛け合ってくれるケースも多いです。

それはわかってるけど出来ないから困っている

と言う人は次以降の項目をおすすめします。

ブラック企業の抜け出し方②転職する

ずばり、これでしょう。

筆者も2回転職していますが、全く困りごとなく上手くやれています。(ブラック企業と言うよりはやりたい事があったからの転職でしたが)

具体的に転職を検討していなくても、エージェントに相談したり、求人を見るだけでもかなり参考になります

無料登録できるので、まずは登録してみることをおすすめします。

<転職するメリットに関してはこちらの記事をご覧ください>

ブラック企業の抜け出し方③フリーランスになる

こちらは転職よりハードルが高いですが、裁量権や自由度は格段に上がります。

フリーランスになりたいけど何のスキルもないよ

と言う人はプログラミングなどのスキルを学べる講座があるので無料の資料請求をしてみることをおすすめします。

まずはやってみて自分に合っていれば挑戦するという形でいいと思うので、まずは自身でもできるかどうかを無料でチェックしてみてください。

<無料体験できるプログラミングスクールはこちら>

<無料体験できる動画制作スクールはこちら>

ブラック企業の特徴 まとめ

今回はブラック企業の特徴を5つご紹介しました。皆さんの企業は当てはまっていたでしょうか?

もちろん、これらの特徴に当てはまる企業が無条件で悪いわけではないですが、つらい、辞めたいなどのネガティブな感情がある場合には抜け出す方法を考えることも重要かもしれません。

是非この記事を参考に自身の暮らしを豊かにしてください。

<ブラック企業を卒業した後は休みの日や休憩時間を改善して生活の質を高めましょう>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次