【生産性爆上がり】仕事中に脳をリフレッシュする方法8選!

脳をリフレッシュする方法

この記事では仕事中に脳をリフレッシュする方法を知れます

仕事中だけど頭が疲れた

何となく頭が回らない

みなさん日々仕事をする中で、脳が疲れてきたなと思う時ってありますよね。

そんな時は脳をリフレッシュしてその後の仕事に備えましょう。

今回は経営コンサルタントを経験し、長時間の頭脳労働をしてきた筆者が脳をリフレッシュする方法をご紹介します。

この記事を参考に脳をリフレッシュする方法を覚えて仕事を効率化してもらえたら幸いです。

<IQを上げる方法に関してはこちらの記事をご覧ください>

目次

なぜ、脳をリフレッシュするの?

私たちは体の疲れは認知しやすいですが、脳自体が疲れてるのは認知しにくいです。

しかし、仕事をしていたりたくさん考え事をしていたりすると無意識のうちに脳が疲れている可能性が高いです。

脳をリフレッシュすることで

◇思考が整理される
◇集中力がアップする
◇作業効率があがる

など、生産性や作業効率の観点で嬉しい事だらけです。

脳をリフレッシュするのに数分の時間は使いますが、それでもその後の作業効率が段違いなので、結果として作業時間が短くなります。

頭を使ってビジネスマンは全員脳をリフレッシュする方法を知っておくことをおすすめします。

<脳のひらめきに関する記事はこちらをご覧ください>

脳をリフレッシュする方法8選

それではここから具体的に脳をリフレッシュする方法をお伝えしていきます。

◇軽い運動をする
◇水分補給をする
◇適度な休憩を挟む
◇軽く仮眠をとる
◇鼻から呼吸をする
◇筋肉をほぐす
◇香りの効果を使う
◇自然に触れる

いずれも簡単にできますが、脳をリフレッシュする為には効果的なものばかりです。

詳細を説明しますので、是非仕事中のルーティンに取り入れてみてください。

<ルーティンに関する記事はこちらをご覧ください>

脳をリフレッシュする方法①軽い運動をする

ひとつめの脳をリフレッシュする方法は「軽い運動をする」です。

脳なのに運動?

と思うかもしれませんが、運動と脳は密接に結びついていて、運動をする事で脳が活性化しリフレッシュする事につながります。

◇適度なウォーキング
◇軽い筋トレ
◇簡単なストレッチ

など息が上がらない程度の運動を仕事の合間や休憩時間に挟む事でその後の効率が最大化されます。

注意点としては激しすぎる運動をすると、疲労が溜まってしまったりストレスを感じる恐れがあるので、あくまで軽い運動に留めておきましょう。

脳をリフレッシュする方法②水分補給をする

2つめの脳をリフレッシュする方法は「水分補給をする」です。

私たちの体の大半を占めている水分ですが、水分不足は脳にも影響を与えます。

◇認知機能がアップする
◇集中力がアップする

といったような仕事をする上で必要な要素が水分補給をする事で改善します。

逆に水分不足の状態は脳の機能を下げてしまうので、仕事中はこまめに水を飲んで脳の機能を良い状態で維持するようにしましょう。

<水に関する健康効果はこちらの記事をご覧ください>

脳をリフレッシュする方法③適度な休憩を挟む

3つめの脳をリフレッシュする方法は「適度な休憩を挟む」です。

私たちの集中力には限界があると言われ、その限界を超えて作業を続けていると無意識のうちに、効率が落ちてしまいます。

そのため

◇定期的に席を立つ
◇意図的にコーヒーの時間を作る
◇ポモドーロテクニックを使う

といった方法が有効で、特にポモドーロテクニックは世界中で愛用されている方法です。

具体的には25分作業して5分休憩を繰り返すもので、作業時間と休憩時間にメリハリをつけることで作業効率が格段に飛躍します。

このポモドーロテクニックのために筆者が日頃使って生産性が爆上がりしているタイマーも下記に貼っておくので興味ある人は是非見てみてください。

脳をリフレッシュする方④軽く仮眠をとる

4つめの脳をリフレッシュする方法は「軽く仮眠をとる」です。

仕事中に寝ていいの?

と思う人もいると思いますが、世の中の成功者や超一流企業では仮眠の文化は当たり前です。

◇15分~20分程度
◇光を遮断する
◇コーヒーを飲んでから寝る

のように細かいテクニックはありますが、仮眠をとる事で脳がリフレッシュしてその後の仕事の効率が飛躍的にアップします。

先ほどの休憩と合わせて定期的にとるようにしましょう。

<効果的な仮眠の取り方はこちらの記事をご覧ください>

<最高の仮眠方法パワーナップの記事はこちらをご覧ください>

脳をリフレッシュする方法⑤鼻から呼吸をする

5つめの脳をリフレッシュする方法は「鼻から呼吸をする」です。

脳をリフレッシュすることにおいて呼吸は非常に大切です。

◇脳に酸素を送る
◇気持ちをリラックスさせる
◇ストレス軽減

など、鼻から深く呼吸すると脳だけでなく体全体にリラックス効果を感じられます。

脳は酸素が不足してしまうと機能が低下するため、定期的に鼻から深呼吸することでしっかりと脳をリフレッシュしていきましょう。

脳をリフレッシュする方法⑥筋肉をほぐす

6つめの脳をリフレッシュする方法は「筋肉をほぐす」です。

仕事中にストレッチをする人もいると思いますが筋肉をほぐすことで血行が良くなり脳のリフレッシュに繋がります。

◇背筋を伸ばす
◇軽くストレッチする
◇ぎゅっと力を入れて力を抜く

など、筋肉をほぐす動きをしてもらう事で体が軽くなり脳がリフレッシュされることを感じるはずです。

立ち上がった際や仕事の合間など定期的に筋肉をほぐすことを意識して脳をリフレッシュしましょう。

脳をリフレッシュする方法⑦香りの効果を使う

7つめの脳をリフレッシュする方法は「香りの効果を使う」です。

脳をリフレッシュする上で香りは非常に重要です。

◇レモンのような柑橘類の香り
◇ラベンダーのような花の香り
◇ローズマリーのようなハーブの香り

など、これらの香りは脳をリラックスさせてくれます。

アロマのようなものを机に置いておいて定期的に嗅ぐと脳も気持ちもリフレッシュできておすすめです。

是非試してみてください。

<香りが体に与える効果に関する記事はこちらをご覧ください>

脳をリフレッシュする方法⑧自然に触れる

8つめの脳をリフレッシュする方法は「自然に触れる」です。

自然にはものすごいリラックス効果があり、仕事中にも定期的に取り入れるべきです。

◇休み時間に公園に行く
◇植物の香りを嗅ぐ
◇机に観葉植物を置く

など、自然を仕事に取り入れることで効率は最大化されます。

簡単に脳をリフレッシュする方法なので、是非実践してみてください。

<ビジネスマンの昼休みの過ごし方に関する記事はこちらをご覧ください>

脳をリフレッシュする方法 まとめ

今回は脳をリフレッシュする方法をご紹介しました。

私たちの脳は自分自身が思っているよりも疲れているケースが多いです。

そのため、しっかりと脳をリフレッシュさせることで作業効率を最大化しましょう。

<この記事を読んだ人が気になっている記事はこちら>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次