【社会人必見】効果的な仮眠の取り方7選!

効果的な仮眠の取り方

この記事では効果的な仮眠の取り方を知れます

仕事中仮眠を取りたい

正しい仮眠の取り方を知りたい

最近ではリモート勤務の影響もあり、仕事中に仮眠をとることの効果が普及してきましたよね。

しかし、仮眠とはいえども仕事中に寝るという行為は抵抗のある方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は忙しい社会人こそ必見な仮眠の取り方をご紹介していきます。

是非この記事を参考に効果的な仮眠の取り方を知って仕事の効率をあげていきましょう。

<ビジネスマンの理想的な昼休みはこちらの記事をご覧ください>

目次

仕事中に仮眠をとってもいいの?

仕事中に寝てもいいの?

と思う人もいるかもしれませんが、適切な仮眠であればむしろ行うべきです。

◇仮眠後の作業効率があがる
◇脳がリフレッシュする
◇ストレスの軽減

など、様々な面で仮眠はいい方向に作用します。

もちろん職場や環境によっては難しいかもしれませんが、仮眠をとれる環境にいる方は効果的な仮眠の取り方を学んで、生産性をあげていきましょう。

<脳をリフレッシュさせる方法はこちらの記事をご覧ください>

効果的な仮眠の取り方7選

効果的な仮眠の取り方

ここからは具体的に効果的な仮眠の取り方をご紹介していきます。

◇起床後8時間後を目安にする
◇起床後の準備をする
◇15〜20分を目安にする
◇光を遮断する
◇仮眠前にコーヒーを飲む
◇横になって寝ない
◇満腹時に仮眠しない

ほんの少しの間の仮眠ですが正しい取り方をする事でその効果は大きく上がります。

是非この記事を参考に、取り入れやすい仮眠の取り方を実践してみてください。

効果的な仮眠の取り方
起床後8時間後を目安にする

ひとつめの効果的な仮眠の取り方は「起床後8時間後を目安にする」です。

仮眠の取り方を意識する際にはまず起床時間からのタイミングを意識しましょう。

起床後8時間がいい理由としては

◇脳を本能的に休ませようとするタイミング
◇夜の睡眠の邪魔をしない

という点で、ちょうど脳が疲れて効率が落ちてきたタイミングで仮眠をとると回復効果が高くなります。

もちろん仕事のスケジュール的に難しいという人もいると思うので、その場合には朝起きる時間を前倒しして朝に活動するようにすると一日全体がうまく回るでしょう。

<成功者になる朝の習慣に関してはこちらをご覧ください>

効果的な仮眠の取り方
起床後の準備をする

2つめの効果的な仮眠の取り方は「起床後の準備をする」です。

仮眠をとる際の目的としては、仮眠後の生産性向上なのですぐに取り掛かれる状況を作ることが重要です。

◇起床後にやる事を明確にする
◇作業をあえて半端な状態で残しておく
◇寝起きに飲む水を用意する

など、起床後すぐに取り掛かれる環境整備が非常に効果的な仮眠の取り方です。

仮眠後の集中力向上のためにも是非欠かさないようにしてください。

<集中力を上げる方法はこちらの記事をご覧ください>

効果的な仮眠の取り方
15〜20分を目安にする

3つめの効果的な仮眠の取り方は「15〜20分を目安にする」です。

私たちの睡眠には周期があるため、深く寝すぎてしまうと脳が熟睡モードに入ってしまう恐れがあります。

人によって個人差はありますが一般的には

20分を越えると脳が熟睡モードに入る

と考えてもらうと最適な時間で仮眠をとることが出来ます。

<日ごろの睡眠の質を上げる方法はこちらの記事をご覧ください>

効果的な仮眠の取り方
光を遮断する

4つめの効果的な仮眠の取り方は「光を遮断する」です。

仮眠をとるときはもちろん寝ているので光が邪魔をします。

そのため、仮眠をとっている時には光を遮断するための対策をするべきでしょう。

◇部屋の電気を暗めにする
◇アイマスクを使う
◇衣類で目を覆う

など、たくさんありますが、職場で使う場合にはアイマスクがおすすめです。

一度使うと仮眠や睡眠の際に欠かせなくなるので是非一度アイマスクの心地よさを体感してください。

<買ってよかった睡眠の質を上げるグッズはこちらの記事をご覧ください>

効果的な仮眠の取り方
仮眠前にコーヒーを飲む

5つめの効果的な仮眠の取り方は「仮眠前にコーヒーを飲む」です。

寝る前なのにコーヒーを飲むの?

と思うかもしれませんが、コーヒーを飲んだ際にカフェインが作用するのは30分程度後なので、仮眠前に飲むとちょうど起床するタイミングでカフェインが効いてきて、すっきりと起きられます。

これはパワーナップといい、世界的にも愛用されている手法です。

筆者が実際に試したレビューもあるので、気になる人は是非見てみてください。

効果的な仮眠の取り方
横になって寝ない

6つめの効果的な仮眠の取り方は「横になって寝ない」です。

自宅で仕事をしているとやってしまうケースですが、横になって仮眠をとってしまう事はNGです。

理由としては

◇つい睡眠時間が伸びやすい
◇脳が熟睡モードになりやすい
◇起床後の行動が送れやすい

という点で、横になる事で脳が勘違いしてしまい本気の睡眠モードになってしまう恐れがあります。

適度な時間で仮眠から目覚めるためにも椅子に座ってリクライニングして寝るぐらいがおすすめです。

効果的な仮眠の取り方
満腹時に仮眠しない

7つめの効果的な仮眠の取り方は「満腹時に仮眠しない」です。

満腹時に仮眠をとってしまうと、内臓が働いている状態なので、仮眠の効果が薄まってしまいます。

昼休みに仮眠するからな

という人は

◇お昼を軽めにする
◇お昼ご飯で糖質をとらない
◇仮眠をしてからお昼を食べる

などのようにするとより効果的に仮眠で回復できるのでおすすめです。

<太らないランチに関する記事はこちらの記事をご覧ください>

効果的な仮眠の取り方 まとめ

この記事では効果的な仮眠の取り方をご紹介しました。

仕事中で抵抗ある人もいるかもしれませんが、仮眠に時間を使った方が総合的な生産性はアップします。

是非日々の仕事に取り入れて、賢い生活を手に入れてください。

<この記事を読んでいる人が他に気になっている記事はこちら>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次