【外食でもOK!】太らない外食ランチ5選!

太らない外食ランチ

この記事は外食でランチに食べてokな太らない外食を知れます

ダイエット中だから太らないようなランチを外食で食べたいなぁ

こんな悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

僕自身も日頃食事を気にしていても外食でのランチだけは思うようにいかないことが多いです。

そこで今回は食べても太らない外食でのランチをご紹介していきます。日頃の賢い外食ランチの参考にしてください。

※あくまで普通の食事として太らないというだけなので、食べすぎには注意してください。油断は禁物です。

<午後の生産性を高めるための昼休みの過ごし方はこちらの記事をご覧ください>

目次

なぜ太らない外食ランチが必要なのか

太らない外食ランチ

みなさんダイエットをしていると食事制限しますよね。

その際に朝や夜は制限しやすいけど外食になりやすいランチは太らない食事を選びにくいという人も多いと思います。

◇職場の人とランチに行く
◇弁当を作る余裕がない
◇職場で弁当を食べられない
◇近くにコンビニなどがない

など、ランチは職場の影響を大きく受けてしまいます。

その為、今回は普通に食べる外食でのランチの中で太らないものを5つ選びましたので、是非外食ランチの参考にしてください。

<食べ過ぎても大丈夫!食べ過ぎた翌日にするべきことの記事はこちらをご覧ください>

太らない外食ランチの特徴

太らない外食ランチ

続いて太らない外食ランチを選ぶ基準についてお伝えしていきます。

◇GI値が低い
◇満足感がある
◇暴飲暴食しずらい

など、他の食事と比較して太らない要素がある外食でのランチを選んでいます。

そのため、ダイエット中の方は今回ご紹介するランチを選ぶようにすると、太らないように賢く効率的なランチをすることが出来ます。

冒頭でお伝えした通り、食べたら痩せるものではないので、油断せずに外食ランチ選びの参考にしてください。

<要注意な食べたら太る食べ物の記事はこちらをご覧ください>

太らない外食ランチ5選

太らない外食ランチ

それでは、ここから具体的に太らない外食ランチをご紹介していきます。

食べる際の注意点なども合わせてお伝えしていくので、是非参考にしてください。

太らない外食ランチ①蕎麦

太らない外食ランチ

まずはじめの太らない外食ランチは「蕎麦」です。

そばが太らない理由としては

◇他の炭水化物よりGI値が低い
◇スープや具材に脂質が少ない

という点です。やはりお蕎麦はヘルシーなイメージがありますよね。

一方で、お蕎麦にも注意点があり

◇トッピングで天ぷらを選ばない
◇大盛などにしない
◇タンパク質を増やす

などに注意が必要です。

天ぷらそばは美味しいですし、お蕎麦はつるっといけるのでつい大盛にしてしまいがちです。

鶏せいろや鴨せいろのようなトッピングで食べるのがおすすめです。

<太らない炭水化物についてはこちらの記事をご覧ください>

太らない外食ランチ②焼き魚

太らない外食ランチ

2つめの太らない外食ランチは「焼き魚」です。

魚自体にも脂質は含まれますが、太りにくい不飽和脂肪酸になります。

そのため、定食屋さんに入ったら焼き魚定食を選ぶようにしましょう。

焼き魚定食の注意点としては

◇ご飯をお代わりしすぎないようにする
◇付け合わせに注意する

焼き魚はご飯が進むのでついついお代わりしすぎないようにしましょう。

また、大抵小鉢がついていると思いますが、小鉢に唐揚げが1,2個ついていたりすると意味ないので、小鉢の内容もチェックするようにしましょう。

<良質な脂質に関する記事はこちらをご覧ください>

太らない外食ランチ③海鮮丼

太らない外食ランチ

3つめの太らないランチは「海鮮丼」です。

これは先ほどの焼き魚と同様に魚と白米だけの組み合わせの場合が多いので、比較的太らない外食ランチと言えます。

海鮮丼で注意が必要なのが、

◇ご飯の量が多い可能性がある

という点で、丼ものなのでやはりデフォルトのご飯の量が多い可能性があります。

はじめて行くお店などでは特にご飯の量を減らしてみるのもいいかもしれません。

太らない外食ランチ④汁物、スープ物

太らない外食ランチ

4つめの太らない外食ランチは「汁物、スープ物」です。

スープ系のランチを出しているお店や豚汁系のお店など最近では増えています。

汁物、スープ物のお店が太らない理由は

◇少量で満足感がある
◇体を温め代謝を上げてくれる
◇カロリーが低くなりやすい

などの点で優れています。

ただ、濃厚なクリームスープのようなものや豚肉たっぷりの豚汁は決して低カロリーではなくなる可能性があるので、要注意です。

太らない外食ランチ⑤肉系

太らない外食ランチ

5つめの太らない外食ランチは「肉系」です。

え、肉系なんて絶対太るじゃん

と思うかもしれませんが、ポイントを押さえれば大丈夫です。

◇赤身肉を選ぶ
◇牛や豚より鶏肉を選ぶ
◇揚げ物を避ける

これらのポイントを意識するだけでもカロリーを抑えられます。

その為、鶏肉のグリルや赤身肉のステーキなんかはおすすめです。

また、これらは肉単体でボリュームがあるのでお米を抜きにしても満足感を得ることができます

ダイエット中だけど、がっつりとしたランチを食べたいという時には上記のポイントを意識しやお肉単品を食べるようにするといいでしょう。

<肉を代表とした老化を防ぐ食べ物の記事はこちらの記事をご覧ください>

太らない外食ランチをしたい人におすすめのサービス

太らない外食ランチ

太らないランチしたいけど近くにいい外食店がない

毎日太らない外食ランチをするとお金が

このようなお悩みを持たれる人も多いと思います。

そこでおすすめなのが【筋肉食堂】が提供する宅食サービスです。

【筋肉食堂】の宅食サービスのおすすめポイント

◇年間来店者26万人超!有名アスリート、著名人が通う信頼あるメニュー
◇ダイエットやバルクアップなど用途に応じたメニュー
◇お弁当なので自宅からの持参も可能

【筋肉食堂】の宅食サービスのおすすめポイント
年間来店者26万人超!有名アスリート、著名人が通う信頼あるメニュー

実際に有名アスリートや著名人が通っている筋肉食堂。

その献立は多くの人に指示され実績あるものなので、安心して美味しく栄養管理が出来ます。

【筋肉食堂】の宅食サービスのおすすめポイント
ダイエットやバルクアップなど用途に応じたメニュー

バルクアップが目的の人はタンパク質と合わせて適度な糖質も、ダイエットは目的の人はさらに糖質を抑えたメニューをなど希望に応じてメニューを選ぶことが出来ます。

日々の食事管理がより効率的になるのでおすすめです。

【筋肉食堂】の宅食サービスのおすすめポイント
お弁当なので自宅からの持参も可能

お弁当の形で届くので、届いたものを持参して食べることも可能です。

職場や日々の生活スタイルからお弁当も可能な人は取り寄せて持参することでランチの食事管理が捗ります。

ランチは他の食事と比べて管理しにくいので、強制的に健康的な太らないランチが届く【筋肉食堂】の宅食サービスはダイエットやバルクアップの強い見方です。

下記のリンクから詳細が見れるので、興味ある人は是非チェックしてみてください。

有名アスリート、著名人が通う【筋肉食堂】が提供する宅食サービス

太らない外食ランチ5選 まとめ

太らない外食ランチ

今回は太らない外食ランチを紹介しました。

いずれも食べたら痩せるわけではなく、何も気にせずに食べるランチよりは太らないという物なので、油断せずに賢いランチでの外食を行っていきましょう。

<太らないおやつに関してはこちらの記事をご覧ください>

<太らない飲み会に関する記事はこちらをご覧ください>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

超高単価のマンション営業にてトップの成績を収めたのち経営コンサルタントに転身。
現在では上場IT系にて新規事業立上げの責任者を務める傍ら、「効率化を追求するブログ」の執筆やバンド活動など様々な活動を効率よくこなしています。

コメント

コメントする

目次