【当てはまったら行動】転職するべき人の特徴11選!

転職をするべき人の特徴

この記事ではあなたが転職するべきかどうかを知れます

自分は転職するべきなのだろうか

日ごろ仕事をしていると自身のキャリアや転職について悩む事ってありますよね。

そこで今回は実際に2度の転職でキャリアアップしている筆者が転職するべき人の特徴をご紹介していきます。

この記事を読んで自分が転職するべきかの判断材料にしてもらえると幸いです。

<転職するメリットやデメリットに関する記事はこちらをご覧ください>

目次

転職するべき人の特徴8選

それでは早速、転職するべき人の特徴をご紹介していきます。

【転職するべき人の特徴】
◇新しいことに興味がある
◇知らない世界に興味がある
◇自分の力を試したい
◇研究や分析が好き
◇明確な志望動機、やりたい事がある
◇職場の人間関係が悪い
◇伸びない業界にいる
◇成長しないルーティンワークが多い

前向きな物もありますが、後ろ向きな理由のものもありますので、自身に当てはまるなと思う物があれば是非詳しく読み進めてください。

転職するべき人の特徴
①新しいことに興味がある

1つめの転職するべき人の特徴は「新しいことに興味がある」です。

転職をすると沢山の新しい事に直面します。

◇新しいスキル
◇新しい知識
◇新しい仕事の進め方

など、今までの自身のやり方とは全く違う場合もあるのでストレスを感じる場合もあると思います。

そのような新しいことにも積極的に取り組んでいける人は転職するべき人であると言えるでしょう。

転職するべき人の特徴
知らない世界に興味がある

2つめの転職するべき人の特徴は「知らない世界に興味がある」です。

先ほどの物と類似していますが、転職をすると大きく世界が変わります。

◇知らなかった業界
◇気にしていなかった経済動向
◇新しい人間関係

私たちは自身に関与している情報を自然と集めているので転職をすると自身のアンテナや行動がガラッと変わるケースもあります。

そのような新しい自分や世界を楽しみたいと感じる人は転職をするべきです。

転職するべき人の特徴
自分の力を試したい

3つめの転職するべき人の特徴は「自分の力を試したい」です。

転職活動が自分の力を試すにはもってこいの場です。

◇書類選考や面接での評価
◇自己分析やスキルの棚卸
◇過去の実績や評価の棚卸

など、転職活動をすると自身の市場価値が試されわかるようになります。

時にはつらい現実に当たるかもしれませんが、自身が市場でどのくらい通用するのか試したい人は転職をするべき人と言えるでしょう。

転職するべき人の特徴
研究や分析が好き

4つめの転職するべき人の特徴は「研究や分析が好き」です。

転職活動をすると研究や分析をする機会が増えます。

◇自己分析
◇企業研究
◇業界研究

など、日ごろは仕事に追われていて取り組まない部分にも時間を注いでいく必要があります。

自身のキャリア形成のためにそのような研究や分析努力をするのが苦でない人は転職するべき人と言えます。

転職するべき人の特徴
明確な志望動機、やりたい事がある

5つめの転職するべき人の特徴は「明確な志望動機、やりたい事がある」です。

転職をする場合にはこの明確な志望動機ややりたいことがあるかが非常に重要です。

将来の独立のために経営や事業立ち上げに関わりたい

今後取得する資格に近しい仕事をしたい

などのように、明確な目的がある人は転職して自身の夢に近づいていくべきです。

<起業に向いているかどうかに関する記事はこちらをご覧ください>

転職するべき人の特徴
職場の人間関係が悪い

6つめの転職するべき人の特徴は「職場の人間関係が悪い」です。

これはマイナス面による転職理由ですが

仕事のパフォーマンスや人生の幸福度は周囲の人間関係に依存します

その為、今の職場で仲が悪く居心地が悪い人や、価値観の合う仲間少ない人は転職して良い人間関係を構築し直すべきです。

一点注意点としては、転職先の人間関係は入ってみないとわかりませんし、そもそも自分自身に問題がある場合もあるので、しっかりと原因を客観的に分析するようにしましょう。

<交友関係に関する記事はこちらをご覧ください>

転職するべき人の特徴
伸びない業界にいる

7つめの転職するべき人の特徴は「伸びない業界にいる」です。

皆さん仕事をする上で給料を上げたり、より責任のある仕事をしたいと思います。そのためには伸びる業界に身を置くことが重要です。

伸びる業界にいると

◇売上や業績・給料が上がりやすい
◇新たな事業やチャレンジの機会が多い
◇情報やスキルも最先端のものが多い
◇社員も活気のある場合が多い

といい事ずくめです。自身の職場が伸びない業界でどんよりした雰囲気の場合は転職をするべきと言えるでしょう。

転職するべき人の特徴
成長しないルーティンワークが多い

8つめの転職するべき人の特徴は「成長しないルーティンワークが多い」です。

私たちの仕事への満足度の重要な要因として成長することが挙げられます。

しかし、日々の業務がルーティンワークばかりだと、その成長が止まってしまう恐れがあります。

◇毎日同じ内容の営業や電話ばかり
◇毎日同じような事務処理をするばかり
◇毎日ひたすら同じことの繰り返し

このような仕事内容の場合、転職をするべきです。

日常生活におけるルーティン付けは非常に重要なので、自身の成長につながるルーティンは取り入れ、そうでないものは排除することで、より人生が豊かになります。

<ルーティンに関する記事はこちらをご覧ください>

転職するべきでない人の特徴

次に、このような人は逆に転職しない方がいいかもしれないという人の特徴をお伝えします。

【転職するべきでない人の特徴】
◇今の会社の不満が漠然としている
◇他責思考で仕事している
◇キャリアビジョンが不明確

これらに当てはまる人は転職をする際には要注意で、転職をするべきでない人かもしれません。

いずれも改善できる内容なので、自身の中でこれらに該当していないか考えてから転職をするべきです。

転職するべきでない人の特徴
①今の会社の不満が漠然としている

1つめの転職するべきでない人の特徴は「今の会社の不満が漠然としている」です。

何となく

転職したいなぁ

と感じている人も多いと思いますが、理由は明確でしょうか。

転職をする際には

今の会社や仕事に明確な不安があり、それを自分の力や環境じゃどうしようもない

という状況で転職をするべきです。

漠然とした不満や感覚で転職をしてしまうと、次の職場でも同じように何となくの不満で転職したくなってしまうので要注意です。

転職するべきでない人の特徴
②他責思考で仕事している

2つめの転職するべきでない人の特徴は「他責思考で仕事している」です。

あの上司のせいで自分はうまくいかない

周りが非協力的だから失敗する

のように他責の考え方の人は失敗するので転職するべきではありません。

理由としては、転職をしたところで、元々転職したかった理由が自分にあるので、次の環境でも同じ感情はついて回ります。

自責思考を持ち、自身で変えられる部分と変えられない部分を深く理解してから転職をすると次の職場でもうまくいくので、今一度自身を振り返ってみてください。

転職するべきでない人の特徴
キャリアビジョンが不明確

3つめの転職するべきでない人の特徴は「キャリアビジョンが不明確」です。

3年後にはこのようなスキルを身につけたい

将来的にはこのような自分になりたい

このようなキャリアビジョンがない人は転職をするべきではありません。

理由としては、自身のなりたい姿が不明瞭なので、新しい職場でも新しい不満が生まれてきやすくなるからです。

一方でキャリアビジョンが明確な人は、そのキャリアに向けて努力するので、多少の困難は気にならなくなります。

無料で利用できるキャリア相談の為のサービスも後述するのでキャリアが曖昧な人は参考にしてください。

転職をするべき人におすすめのサービス

転職をするべき人の特徴はわかった

転職活動をしたいけど今の自分には少し早いかも

自身のキャリアをもっと明確にしたい

という人も多いと思います。

実際に転職活動をするとなると

◇自己分析をする
◇業種を決める
◇職種を決める
◇選考用の書類を書く
◇面接に申し込む
◇面接対策をする

など、たくさんやることがありますよね。

そんな時間はすぐに割けないけど、キャリアの事を相談したい

そんな人にはポジウィル キャリア」というサービスがおすすめです。

このポジウィル キャリアはキャリアに特化したコンサルをしてくれるサービスで、自分自身の望んでいるキャリアを整理して、転職すべきか、今の仕事を続けるべきかなどのアドバイスをしてもらえます。

【ポジウィル キャリアのメリット】
①転職サイトや転職エージェントだけでは解決し切れない、キャリアの軸や強みを明確にできる
②短期集中的に自己分析から求人探し・応募まで徹底的に伴走するトレーニングシステム
③無料で相談できる

僕自身も転職エージェントを使用したことありますが、彼らの目的は「求職者のキャリア構築」ではなく「求人企業への入社」です。その為、汎用的なアドバイスが中心であったり、ミスマッチな面接、入社の後押しをしてくる場合もあります。

しかし、「ポジウィル キャリア」であれば、自身のキャリアを細かく設定したうえで最適な方向性を提示してくれます。

漠然と将来に不安がある

このまま今の仕事のままでいいかわからない

このような人たちはまずは無料相談をして自身のキャリアを明確にしていくことをおすすめします。

筆者が経営コンサルタントをしていた際に伸びている企業は将来のビジョンとその為のアクションが明確でした。これは個人にも言える事なので、将来に漠然と不安を抱えている人は下記のリンクから無料相談だけでもしてみてください。

【ポジウィル キャリア】の無料相談予約はこちらから!

転職をするべき人の特徴 まとめ

今回は転職をするべき人の特徴と転職をするべきでない人の特徴をまとめました。

皆さん今の仕事に不満や思う事もあると思いますが、転職は人生を変える大きな決断です。実際に自分の分析やキャリアビジョンを明確にすることで転職で失敗しなくなるので、不安な人はキャリア相談をおすすめします。

この記事が皆さんの転職の参考になれば幸いです。

【ポジウィル キャリア】の無料相談予約はこちらから!

<この記事を読んでいる人が他に気になっている記事はこちら>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次