メリット沢山!コーヒーの効果5選!

コーヒーの健康効果

コーヒーよく飲むんだけど、体にはどんな効果があるんだろう

このようにコーヒーを飲む事による効果を知りたい、コーヒーを賢く暮らしに取り入れたいという人のために、今回はコーヒーの効果5選をお伝えしていきます!

コーヒーは身体によい影響を沢山与えてくれますが、飲み方を間違えてしまうと逆効果になってしまう部分もあるので、正しい知識を覚えて、賢く暮らしに取り入れていきましょう。

この記事では下記の事を知ることができます

■コーヒーが持つ健康効果を知れる

■コーヒーを賢く生活に取り入れられる

コーヒーの失敗しない飲み方を知れる

このブログでは見ている人が「もっと早く知っておきたかった、、、」という内容をまとめ、より賢く暮らす為のお手伝いをしています!よかったら色々な記事を見てみてください^^

<おすすめのカフェについても記事にしているので、是非ご覧ください>

目次

コーヒーに含まれる成分

コーヒーの健康効果

まずコーヒーの効果の説明の前にどのような成分が含まれているかからお伝えします。

カフェイン
◇クロロゲン酸

この二つが主な成分で、コーヒーを飲んだ際に体に与える効果の原因になっています。

カフェインはよく聞くと思いますが、クロロゲン酸の方が実は多く含まれており、コーヒー特有の黒っぽい色味や、苦みはこのクロロゲン酸が元になっています。

また、クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、体にとって健康効果のあるものになります。

具体的な効果をこの後解説していくので、是非コーヒーへの知識を深めてみてください。

コーヒーの効果について

コーヒーの健康効果

ここからは具体的にコーヒーにどのような健康効果があるかをお伝えしていきます。

①覚醒効果
②ダイエット効果
③生活習慣病予防効果
④アンチエイジング効果
⑤リラックス効果

このように健康にとって欠かせない効果が沢山ありますので一つずつ見ていきましょう。

コーヒーの効果①覚醒効果

コーヒーというと真っ先にこの効果が思い浮かびますよね。

これは主にコーヒーに含まれるカフェインが脳の中枢神経を刺激するためと言われています。

また覚醒効果をより具体的に説明すると

◇目が覚めてすっきりする
◇疲労感の軽減
◇集中力や、やる気の向上
◇作業能力、身体能力の向上

があげられます。

その為、カフェインの効果が脳に届くのに約30分程度と言われているので、作業や運動の30分前にコーヒーを摂取すると効率が上がると言えます。

実際に僕自身も作業やジムに行く30分前にコーヒーを飲むと調子がいいように感じます。

日々の生活の効率を上げるためにも、是非ともコーヒーを活用してみてください。

コーヒーの効果②ダイエット効果

2つ目のコーヒーの効果はダイエット効果です。これは嬉しい人も多いと思います。

これはカフェインとクロロゲン酸いずれも働いていて

<カフェイン>
◇利尿作用によるむくみ改善
◇自律神経の活性化による食欲の抑制
◇自律神経の活性化による脂肪燃焼
<クロロゲン酸>
◇糖質の吸収を緩やかにする
◇肝臓脂肪の燃焼効果

各々、上記のような効果があります。

いずれも脂肪燃焼効果がありますが、脂肪燃焼効果は空腹時の方が効果的なので、空腹時にコーヒーを飲むと、より賢く効果を受けられます。

コーヒー自体のカロリーも低いのでダイエット中は積極的に飲むようにしましょう。

<そのほかの痩せる習慣に関する記事はこちらをご覧ください>

コーヒーの効果③生活習慣病予防効果

3つめのコーヒーの効果は生活習慣病予防効果です。

こちらもカフェインとクロロゲン酸がいずれも効果を発揮していて、生活習慣病以外にも様々な病気の予防になります。

◇糖尿病確率の低下
◇肥満の防止
◇肝臓がんの確率の低下
◇認知症の予防

などの効果があると言われています。これはカフェインやクロロゲン酸の代謝を上げる効果やインスリンを分泌する効果が理由だと言われています。

コーヒーを飲む事で、各病気の予防になり、死亡率を下げるという研究結果もあります。

健康のためにも是非コーヒーを飲むようにしましょう。

コーヒーの効果④アンチエイジング効果

4つめのコーヒーの健康効果は老化防止のアンチエイジング効果です。

これはクロロゲン酸が抗酸化物質である事が要因で

◇フリーラジカルの生成を阻害させる
◇日焼け防止をサポートする

事により、皮膚のダメージや老化を抑え、シミやくすみの減少に効果的です。

美味しくコーヒーを飲んで美容効果もあるなんて嬉しいですよね。特に夏場は日焼け防止効果が発揮されやすいので、熱中症対策も兼ねて積極的に飲んで行きましょう。

コーヒーの効果⑤リラックス効果

最後のコーヒーの効果はリラックス効果です。中にはコーヒーの味よりも香りが好きでコーヒーを飲んでいるという人もいるかもしれませんね。

私たちの後頭部からはα波というリラックスしている時にでる脳波があるのですが、コーヒーの香りによっても、そのα派が出るという事が研究により明らかになっています

コーヒーの種類や焙煎方法によってその香りは変わってくるので、お気に入りの香りのコーヒーを探してみるのも楽しいかもしれません。

コーヒーを飲むときの注意点

健康効果盛りだくさんのコーヒーですが飲み方を注意しないと逆に体に良くない場合も存在します。

◇15時以降に飲まない
◇1日に5杯以上飲まない
◇疲労感に気を付ける

いずれも、気を付ければ問題ないようなので一つづつ説明していきますね。

コーヒーを飲むときの注意点
①15時以降に飲まない

覚醒作用のあるコーヒーですが、4時間程度でその効果は半減し、8時間程度効果は持続すると言われています。

その為、15時以降に飲んでしまうと、夜の睡眠の質が悪くなってしまう恐れがあります。

自身の生活リズムを意識して賢くコーヒーを飲んでいきましょう。

<コーヒーを使った仮眠方法パワーナップの記事はこちらを読んでみてください>

コーヒーを飲むときの注意点
②1日に5杯以上飲まない

カフェインには1日の摂取目安量があり、個人差はありますが一般的には400mgと言われています。

コーヒー1杯に含まれるカフェインの量がおよそ80~100mgなので、1日に5杯以上飲まないようにしましょう。

また、1度に摂取するべき量も、体重1㎏×2.5mgと言われているので、がぶ飲みや一気に何杯も飲むのはやめましょう。

コーヒーを飲むときの注意点
③疲労感に気を付ける

慢性的にコーヒーを飲みカフェインを摂取している人はカフェインの効果が切れるタイミングで疲労感を感じやすいと言われています。

その為、コーヒーを飲んでから2時間くらい経過すると、逆に疲労感を感じてしまうケースがあるようであれば一度コーヒーを飲むのをやめて様子を見るようにしましょう。

コーヒーの健康効果 まとめ

今回はコーヒーの健康効果についてまとめました。

コーヒー自体は様々な体にいい効果を持っているのですが、飲み方に注意が必要な飲み物でもあるので、正しい知識を覚えて賢くコーヒーを暮らしに取り入れていきましょう。

<コーヒーに合うチョコに関する記事はこちらも読んでみてください>

このブログでは他にも賢く暮らす為の情報を発信していますので、

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次