【嘘か本当か!】ボードゲーム「ゴキブリポーカー」のルール解説

ゲーム「ゴキブリポーカー」

「ゴキブリポーカー」ってどういうルールなんだろう?

家族と、友人たちと楽しいひと時を過ごせるカードゲーム「ゴキブリポーカー」。

今回は、「ゴキブリポーカー」のルール解説をしたいと思います。言っていることが「本当」「嘘」かを見極める楽しさや、本当の事を言おうか?嘘を言おうか?戦況を見ながら判断する楽しさが魅力のゲームです。

このブログでは他にもボードゲームの記事がありますので、色々な記事を見てみてください!

筆者の信頼度

私は幼少期の頃から家族でトランプや「人生ゲーム」「モノポリー」といったボードゲームを遊んできました。
今では、趣味として友人とボードゲームを嗜んでいます。
私が培ってきたボードゲームの知見を皆さんにお届けいたします。

「ゴキブリポーカー」好きにおすすめな心理戦を楽しむゲームは下記記事へ!

目次

「ゴキブリポーカー」の概要

ゲーム「ゴキブリポーカー」
参照:メビウスゲームス

「ゴキブリポーカー」は、ドイツの玩具メーカーで2004年に発売されたボードゲームで、日本ではメビウスゲームズから販売されています。嫌われ者のコウモリ、ハエ、ネズミ、サソリ、ゴキブリ、カエル、カメムシのカードを他プレイヤーに押し付け合い、同じ種類のカードを4枚集まってしまったプレイヤーの負けというゲームです。どのカードを渡すのか、誰が犯人のカードを持っているのか、その考察力心理戦がゲームの鍵となります。

ー基本情報ー
<プレイ人数>:2~6人
<プレイ時間>:約20分
<対象年齢>:8歳以上

「ゴキブリポーカー」の目的

ゲーム「ゴキブリポーカー」

「ゴキブリポーカー」は、嫌われ者のカードを他のプレイヤーに、カードを伏せたまま渡し、何が描かれているかを宣言します。渡されたプレイヤーは本当のことを言っているのか、嘘をついているのかを見極めます。この判断を間違うとカードの押し付け成立となります。一方、見極めることができた場合、カードを出したプレイヤーに戻ってしまいます。同じ種類のカードが4枚揃ってしまったプレイヤーの負け、もしくは自分の番にカードが無くなってしまったプレイヤーの負けとなってしまいます。カードは全部で8種類で各8枚の64枚となっています。

【カードの種類】
「コウモリ」「ハエ」「ゴキブリ」「カエル」「ネズミ」「サソリ」「クモ」「カメムシ」:計8種類64枚

「ゴキブリポーカー」の準備

ゲーム「ゴキブリポーカー」

64枚全てのカードを使用します。カードをシャッフルして、各プレイヤーに配りきります。配られたカードは手札として持つこととなります。

「ゴキブリポーカー」のルール

ゲーム「ゴキブリポーカー」

ジャンケンなどでスタートプレイヤーを決めます。プレイヤーは以下の手順でプレイします。

STEP1:カードを裏で渡し、種類を宣言

プレイヤーは、手札から1枚選び誰か1人に裏向きのまま「このカードは〇〇です」と宣言して渡します。

宣言は「本当」のことを言っても「嘘」を言っても構いません。

STEP2:カードの見極め判断

カードを受け取った人は2つの選択肢があります。

選択①:「本当」か「嘘」かを答えてカードを表にする。

答えがあってる場合
カードを宣言して出したプレイヤーに戻され、プレイヤーの前に表にして置かれます。

答えが間違っていた場合:
答えたプレイヤーがカードを受け取り、自分の前に表にしておきます。

選択②:判断を他プレイヤーに。

この場合は、カードを自分だけが確認して、STEP1同様に他プレイヤーに裏向きで渡し、「このカードは〇〇です。」と宣言します。渡されたプレイヤーはSTEP2同様にどちらかを選択します。

宣言は前のプレイヤーと同じ内容でも違う内容でも構いません。

STEP3:誰かがカードを受け取る

誰かがカードを受け取って自分の前においたら、そのプレイヤーがスタートプレイヤーとなって、STEP1からプレイを続けます。以下の状況になったプレイヤーの負けとなります。

【ゲームの負け条件】
・同じ種類のカードが4枚自分の前に置かれてしまった。
・スタートプレイヤーになった時手札が1枚もない。

【追加ルールの負け条件】
・8種類のカードを1枚以上集めてしまう。

さいごに

ゲーム「ゴキブリポーカー」

筆者のおすすめするボードゲーム「ゴキブリポーカー」をご紹介いたしました。一人の負けを決めるゲームなので、如何にして自分が負けないように立ち回るかが勝利の鍵となります。

奥の深いボードゲームには、やることで様々なメリットがあります。下記記事にてまとめたので興味のある方はぜひご覧ください。

文面では、伝わらない興奮がこのゲームにはあります。ご興味ある方は是非購入して楽しんでください!皆さんが楽しいひと時を過ごすためこの記事を書きました。この記事がその一助になれば幸いです。

おすすめボードゲーム特集は下記記事へ!

おすすめボードゲームは下記記事へ!

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

<資格>一級建築士・宅地建物取引士
<趣味>キャンプ(歴22年)、音楽、ボードゲーム

コメント

コメントする

目次