【要注意】仕事ができない人の話し方7選!

仕事ができない人の話し方

この記事では仕事ができない人の話し方を知れます

自分は仕事ができない人の話し方してないかな

社会人として生きていく中で、他人と話すことは避けては通れないですよね。

しかし、会社内の上司や取引先、お客様と話すのが苦手という人も沢山いると思います。

そこで今回は仕事ができない人の話し方をご紹介していきます。

この記事の内容に当てはまってしまっている人は、周りから仕事ができない人だと思われている可能性がありますので、話し方や環境を変えるなどして対策していきましょう。

<転職するメリットに関してはこちらの記事をご覧ください>

目次

なぜ仕事ができない人の話し方を避けるべきなのか

まず初めに仕事ができない人の話し方が何故良くないかをお伝えしていきます。

今回紹介するような話し方をしている人は下記の様な特徴があります。

◇頼りない・信用できないと思われてしまう
◇周囲にネガティブな影響を与える
◇仕事が非効率になる

仕事ができない人の話し方をしていると、本人は無自覚であっても、仕事の効率が落ちてしまっている可能性があります。

これは内容や気持ちがうまく伝わらなかったり、うまく人間関係を構築できなかったりすることが原因です。

話し方の改善は仕事の能力を上げるよりも一般的には簡単なので、この記事を読んで、自分が仕事ができない人の話し方をしてしまっているなという人は是非改善して、仕事ができない人から脱却してください。

仕事ができない人の話し方7選

それではここからは具体的に仕事ができない人の話し方をご紹介していきます。

◇結論から話さない
◇代替案を出さない
◇こそあど言葉が多い
◇語尾が曖昧
◇ネガティブな否定語が多い
◇無駄な専門用語や英語が多い
◇相手と共通認識を合わせない

有名な物もあれば、無意識のうちに行ってしまっているものもあるかと思います。

自身に当てはまりそうなものは意識的に改善して仕事ができない人の話し方をしないようにしましょう。

仕事ができない人の話し方①結論から話さない

まずはじめの仕事ができない人の話し方は「結論から話さない」です。

これは社会人の場合はよく言われているので意識的に話をしている人は多いと思います。

結論から離すメリットとしては

◇話し相手が内容を理解しやすい
◇仕事の効率が上がる
◇思考やアクションが明確になりやすい

という点があります。

ただ、結論から話をしているつもりでも実際は出来ていないという人も沢山います。

自分が何を伝えたいかを冷静に考えてから相手に話すと、思考も整理され結論から話しやすくなります。

自分が結論から話をしていない仕事ができない人の話し方をしていると感じる人は話す前に思考整理する習慣をつけることをおすすめします。

仕事ができない人の話し方②代替案を出さない

2つめの仕事ができない人の話し方は「代替案を出さない」です。

これもよく言われていますが、仕事ができない人の多くがしている話し方です。

仕事の会議の場や報告の際に代替案を出さないとただ否定をしているだけの人になってしまうので要注意です。

「そのアクションは微妙だと思います」ではなく
「そのアクションは〇〇の部分がネックなので、このようなアクションにしましょう」

「今日中の資料作成は無理です」ではなく
「今日中に作成は難しいので、骨子だけ提出させてください」

など、代替案を出して仕事を前に進めていくと仕事が出来ない人ではなくなります。

自身の意見や考えに基づいて動いているようにも見えるので、より仕事が捗るようになります。

仕事ができない人の話し方③こそあど言葉が多い

3つめの仕事ができない人の話し方は「こそあど言葉が多い」です。

こそあど言葉とは「これ」「あれ」「それ」「どれ」といった指示語で、このような言葉が多い話し方だと仕事ができない人だと思われやすいです。

理由としては内容が曖昧だからで、会話の効率が落ちてしまったり、仕事の正確性が落ちる可能性があるからです。

これらのこそあど言葉を使う際には、きちんと何の事を指しているかを明確にするといいでしょう。

仕事ができない人の話し方④語尾が曖昧

4つめの仕事ができない人の話し方は「語尾が曖昧」です。

語尾が曖昧だと仕事ができない人の話し方である理由としては

◇相手に意図が伝わりにくい
◇自信がなさそうに見える
◇話が終わったかわからない

このような点で、「え、だから?」と思われてしまう要因にもなります。

曖昧な語尾の例としては

◇「・・・的な」
◇「・・・でして、、」
◇「・・・ですけど、、」

のように歯切れの悪い語尾だと仕事上のやり取りが円滑に行われない仕事のできない人の話し方になってしまいます。

「〇〇です。」「〇〇ですが、ご意見聞かせてください。」のように語尾をはっきりさせるようにしましょう。

仕事ができない人の話し方⑤ネガティブな否定語が多い

5つめの仕事ができない人の話し方は「ネガティブな否定語が多い」です。

ネガティブな人は仕事が出来なそうなイメージはあるかもしれませんが無意識に使ってしまう否定語には注意が必要です。

◇「でも」
◇「だから」
◇「だって」

のように一見日常的に使いそうな言葉も否定的な意味やネガティブな意味が含まれる事があります。

仕事ができない人から脱却するためにはこれらのダ行の言葉を使わないようにすることをおすすめします。

<自分に自信をつける方法はこちらの記事をご覧ください>

仕事ができない人の話し方⑥無駄な専門用語や英語が多い

6つめの仕事ができない人の話し方は「無駄な専門用語や英語が多い」です。

これは自分は仕事ができると思っている人に多い特徴です。

例としては

◇その業界の専門用語
◇英語をもとにしたビジネス用語

イニシャルを用いた略語

のような言葉で、これらの言葉には要注意です。

上司

こないだのPJの件、メンバーのアサインしてコンセンサスとっといて

上司

今回のイシューをアジャイルでエスカレして

のように、響きでは仕事が出来そうですが、逆に相手に伝わりにくくなってしまっている人は仕事ができない人です。

このような言葉を使う際のポイントとしては相手に伝わるかがどうかなので、日本語よりも英語の方が簡単で伝わりやすいメンバーの際には利用して、社外や大勢の人がいる場合にはわかりやすい言葉を使うなど使い分けるようにしましょう。

仕事ができない人の話し方⑦相手と共通認識を合わせない

7つめの仕事ができない人の話し方は「相手と共通認識を合わせない」です。

仕事をする上で認識の違いは大きなリスクになります。

そのため、話をする際には

◇話をする背景や状況を共有する
◇今回の会話や会議の目的を明確にする

のように前提条件を合わせると相手に伝わりやすくなります。

逆にこのような前提条件が明確でないと

この人、何の話をしているんだろう

と思われて仕事ができない人の仲間入りになってしまいます。意識的に共通認識を合わせるようにしましょう。

仕事ができない人の話し方 まとめ

今回は仕事ができない人の話し方についてまとめました。

話し方というのは相手に与える影響としては非常に大きいですが、無意識のうちに仕事ができない人の話し方をしているケースは多くあります。

この記事を参考に仕事ができない人の話し方を避けて、ビジネスマンとして賢くスキルアップしましょう。

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次