【効率よく痩せよう】痩せる睡眠方法7選!

痩せる睡眠方法

この記事では寝ながらにして痩せやすくなる痩せる睡眠方法をしれます

痩せるためには睡眠が重要って聞いた

睡眠をとるだけで痩せたい

ダイエットを考えている人はこのような悩みを持っている人も多いのではないでしょうか

そこで今回は効率よく痩せるための痩せる睡眠方法を7つご紹介します。

もちろん睡眠をとっただけで痩せる訳ではないですが、効率的に痩せる為には睡眠は超重要なので、是非参考にしてください。

<食欲を抑える痩せるホルモンに関する記事はこちらをご覧ください>

目次

痩せるために睡眠が重要な理由

まずはじめに、なぜ痩せる為に睡眠が重要なのかからお伝えします。

睡眠の質を上げると痩せる事に繋がる下記の効果があります。

◇翌日の生産性を高める
◇食欲やホルモンのバランスを整える

睡眠の質を高める事で、翌日に沢山行動できるようになり、暴飲暴食も防いでくれるというわけです。

しかも睡眠は1日の時間の約3分の1を占めます。

その時間を痩せる為に効率的に使うことは非常に重要です。

痩せる為の睡眠として実行できそうなものを選んで是非試してみてください。

<痩せている人が自然とやっている習慣はこちらの記事をご覧ください>

痩せる睡眠方法7選

それではここから痩せる睡眠方法について一つずつ説明していきます。

◇二度寝をしない
◇お腹を冷やさない
◇日中に緑茶を飲む
◇寝る2時間前に入浴をする
◇シャワーで冷水を浴びる
◇ファスティングを行う
◇7~8時間睡眠を心がける

寝る際の注意点から、寝る前の習慣まで存在しているので、実際に実践できそうな痩せる睡眠方法を試してみてください。

痩せる睡眠方法①二度寝をしない

まず初めの痩せる睡眠方法は「二度寝をしない」です。

二度寝が痩せるかどうかに関係あるの?

と思うかもしれませんが、私たちの体は二度寝をすることで、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

そして自律神経の乱れが起こると

◇基礎代謝が落ちる
◇消化がうまくいかなくなる

といった形で肥満の原因になります。

その為、瘦せる睡眠方法の第一として二度寝をしない習慣をつけることから始めてみましょう。

<筆者もこれで治った!二度寝をしない方法はこちらの記事をご覧ください>

痩せる睡眠方法②お腹を冷やさない

2つ目のの痩せる睡眠方法は「お腹を冷やさない」です。

こちらはイメージつきやすいと思いますが、お腹を冷やしてしまうと内臓の機能が悪くなり、代謝が落ちてしまいます

これは冬場よりも夏の方が要注意で

◇暑いから薄着で寝てしまう
◇暑いから冷房をガンガンにして寝てしまう

というような形でお腹を冷やしやすい環境にあります。

室内を快適に保ち、お腹だけは冷やさないように衣服や布団を使う習慣をつけましょう。

痩せる睡眠方法③日中に緑茶を飲む

3つ目のの痩せる睡眠方法は「日中に緑茶を飲む」です。

研究結果によると、お茶を飲むと脂肪燃焼効果があり、それは睡眠中も継続するとのこと。

緑茶だけでなく、ウーロン茶や紅茶、コーヒーでも同じような効果があるそうなので、日中に冷たい清涼飲料水を飲んでいる方は温かいお茶に変えるといいでしょう。

ここでの注意点としては、

遅い時間に飲むと睡眠の質が下がる恐れがある

という点で、お茶に含まれるカフェインが睡眠の質を妨げる危険性があります。

その為、お茶を飲むのは日中の15時ごろまでにすると良いでしょう。

<寝る前にNGな寝れなくなる食べ物はこちらの記事をご覧ください>

痩せる睡眠方法④寝る2時間前に入浴する

4つ目のの痩せる睡眠方法は「寝る2時間前に入浴する」です。

入浴をすると、私たちの体の深部体温が温まり、その深部体温が下がる事で眠気を引き起こします。

このように睡眠の導入がスムーズになる事で

◇睡眠の質が上がる
◇入浴により代謝が上がる

というメリットがあります。

普段夜はシャワーだけ

という人は半身浴やサウナでもいいので、体を温める習慣をつけるとより効果的に痩せる睡眠を行うことができるでしょう。

<サウナの健康効果に関する記事はこちらをご覧ください>

痩せる睡眠方法⑤シャワーで冷水を浴びる

5つ目のの痩せる睡眠方法は「シャワーで冷水を浴びる」です。

これは先ほどの入浴とセットでやってもらいたい瘦せる睡眠で、シャワーで冷水を浴びることで寝ている間の体の代謝が高まります。

これは体の表面の温度を下げることで、自然と体が体温を逃がさないようになるためです。

特に肩甲骨のあたりが効果的なようなので、30秒程度を目安に肩回りを冷水シャワーで冷やしてから入浴を終えるようにしましょう。

痩せる睡眠方法⑥ファスティングを行う

6つ目のの痩せる睡眠方法は「ファスティングを行う」です。

ファスティングとは意識的に空腹の時間を作ることで、16時間断食として最近では流行っています。

このファスティングの効果としては

◇睡眠の質が上がる
◇腸内環境など内臓機能がととのう
◇体脂肪が燃えやすくなる

ことで、空腹状態の時間を作ることで、睡眠中でも効果的に痩せることができます。

もちろん、無理な断食はNGなので、体調と相談しながら意識的に夕食の時間を早めるのような形で痩せる睡眠を作っていきましょう。

<空腹で発生するオートファジーに関する記事はこちらをご覧ください>

痩せる睡眠方法⑦7~8時間睡眠を心がける

7つ目のの痩せる睡眠方法は「7~8時間睡眠を心がける」です。

結局は十分な睡眠時間を確保することが痩せるためには不可欠です。

睡眠不足になってしまうと

◇食欲が暴走しやすい
◇日中の活力がなくなる
◇意思判断能力が落ちる

と言ったことから、余計なカロリーを摂取してしまったり、行動量が減って日中の消費カロリーが減ってしまいます。

その為、瘦せる睡眠方法で一番重要なのは質の良い睡眠をしっかりと7~8時間とる事ですので、これまでに紹介した瘦せる睡眠方法と合わせて意識してみてください。

<睡眠の質を上げる方法はこちらの記事をご覧ください>

痩せる睡眠方法 まとめ

今回は痩せるための睡眠方法方を7つご紹介しました。

いずれも簡単にできる事ですが、日々の積み重ねなので、是非とも習慣にして、睡眠中に効率的に痩せていきましょう。

<成功する人の夜の習慣に関する記事はこちらをご覧ください>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次