【社会人必見】初対面の人への便利な7つの質問!

初対面の人への便利な質問

※この記事には広告表現を含みます

この記事では初対面の人への便利な質問を知ることが出来ます

初対面の人に質問するのは苦手

初対面の人との雑談での質問に困る

仕事や学校でも初対面の人と話す機会は多いと思いますが、会話内容や質問がわからなかったり、苦手だなって人も多いですよね。

そこで今回は経営コンサルタントを経験し、多くの初対面の人とコミュニケーションをとってきた筆者が、初対面の人への便利な質問をご紹介していきます。

【この記事の結論】
便利な質問を知れば、初対面の人とも話しやすい!

【こんな人におすすめ】
◇初対面の人と話すのが苦手
◇初対面の人に何を質問したらいいかわからない
◇周囲の人と良好な人間関係を築きたい

会話をしていく上で、質問をするというのは基礎中の基礎ですが、中々思い浮かばない人も多いと思います。

この記事を参考に初対面の人にも使いやすい質問を知って、賢く効率的な日々を過ごしていきましょう。

このサイトでは生活の効率化を追求しています。
他にも暮らしに役立つ情報が盛りだくさんなので、ぜひ読んでみてください。

<コミュニケーションを効率化するメリットはこちらの記事をご覧ください>

目次

初対面の人への便利な7つの質問

ここからは具体的に初対面の人への便利な質問をご紹介していきます。

【初対面の人への便利な質問】
◇仕事の経歴を聞く
◇興味のある分野を聞く
◇幼少期の事を聞く
◇苦手な物を聞く
◇大事にしている価値観を聞く
◇課題や悩みを聞く
◇回答への質問を行う

状況や相手に応じて使い分ける必要はありますが、これらの質問をすると相手との関係性ができたり、その後の関係に繋がりやすくなります。

初対面の人と会った際には聞けそうな質問から、実際に使ってみてください。

初対面の人への便利な質問
仕事の経歴を聞く

ひとつめの初対面の人への便利な質問は「仕事の経歴を聞く」です。

初対面の人と話す機会が一番多いのがビジネス上での付き合いでしょう。

◇なぜ今の仕事をしているのか
◇前職は何をしていたのか
◇以前はどのような役割だったのか

など、直近の仕事や過去の仕事などを聞くことで会話が広がりやすくなります。

仕事上での話であれば気軽にしやすいので、まずはこの質問からはじめてみることをおすすめします。

筆者

ぼくも多くの経営者と話をしてきましたが、前職含め様々な経験をしていて質問するだけでも非常に勉強になりました。自分を持っている人ほど弾みやすいのでビジネスでの会話では特におすすめです。

<仕事が出来る人の特徴はこちらの記事をご覧ください>

初対面の人への便利な質問
興味のある分野を聞く

2つめの初対面の人への便利な質問は「興味のある分野を聞く」です。

自身が興味のある分野について質問されて嫌な人はいないので、仕事の話がひと段落したら聞いてみるといいでしょう。

◇休みの日は何をしているか
◇やってみたい仕事はないか
◇最近どんな知識を得たか

など、相手の趣味の部分や考えていることを質問すると話が弾みやすくなります。

もし共通点があればそこから話を深堀をしていくと良い関係性を築きやすくなるので、質問してみてください。

筆者

ぼくは軽くでもいいので話を合わせられるようによくある趣味に関しては興味がある範囲で試してみたりしています。その際に見栄を張らずに初心者なので教えてというと相手は喜びやすいのでおすすめです。

<社会人が趣味を持つべき理由に関してはこちらの記事をご覧ください>

初対面の人への便利な質問
幼少期の事を聞く

3つめの初対面の人への便利な質問は「幼少期の事を聞く」です。

少しパーソナルな質問ですが幼少期の事を聞くのも初対面の人にはいい質問です。

◇どこで生まれ育ったか
◇どのような子どもだったのか
◇何にあこがれていたのか

など、幼少期の話であれば、大分昔の話なので何を言っても許される雰囲気があります。

加えて相手の人となりや好みなどもわかるので初対面の人と話す際にも便利な質問です。

筆者

出身の話などはよく出ますが、わからない地域でも「〇〇が有名ですよね」知っている部分を出すようにすると距離が縮まりやすいです。

初対面の人への便利な質問
苦手な物を聞く

4つめの初対面の人への便利な質問は「苦手な物を聞く」です。

以外にも人間は好きな物同士が合うよりも苦手な物同士が合う方が意気投合します。

◇苦手な食べ物の話
◇高所やホラーなどの恐怖症の話
◇自身の苦手分野の話

など、苦手な物の話をすることで、共通点を見出したり、お互いに弱い部分をさらけ出すので親しくなりやすいです。

注意点としては特定の個人への悪口などはかなり逆効果なので注意しましょう。

筆者

ぼくはパクチーが食べられなかったり、高い所が苦手なので、これらについて質問することが多いです。特に嫌いな食べ物などは話が盛り上がりやすく鉄板です。

<悪口を言うと不幸になる理由についてはこちらの記事をご覧ください>

初対面の人への便利な質問
大事にしている価値観を聞く

5つめの初対面の人への便利な質問は「大事にしている価値観を聞く」です。

これは少し打ち解けてきてからですが、相手が大事にしている価値観を質問することも効果的です。

◇仕事でのポリシー
◇家族への思い
◇個人的な信念

などを質問をすることで、その人は日々感じていることや考えがわかり打ち解けやすくなります。

これらに関しては逆に聞き返された際に特にありませんだと逆効果なので、自身でも考えておくようにしましょう。

筆者

ぼくは経営コンサルタント時代には経営者にビジョンや信念をよく質問していました。そうすることで、熱い思いを打ち明けてくれるので仲間としての印象も強くなり関係性構築に繋がります。

初対面の人への便利な質問
課題や悩みを聞く

6つめの初対面の人への便利な質問は「課題や悩みを聞く」です。

これは少し営業的な目線も入りますが、課題や悩みを質問することで初対面の人とも打ち解けやすくなります。

◇今の仕事への悩み
◇プライベートでの悩み
◇個人的な課題感

など、課題や悩みを質問をして、それに対してアドバイスや助言をすると信頼関係ができたりします。

もちろん初対面の場合は、正面から助言するのでなく、相手の悩みを肯定した上で「僕も悩みましたが〇〇したらよかったですよ」のような質問にすると良いコミュニケーションになります。

筆者

ぼくは経営コンサルタントという立場もあり、このような話は多かったですが、プライベートでも軽い感じで質問すると話が弾みやすい印象です。

初対面の人への便利な質問
回答への質問を行う

7つめの初対面の人への便利な質問は「回答への質問を行う」です。

最後に質問の中でも基本中の基本ですが、行った質問の回答に対して加えて質問しましょう。

【例】
「パクチーが嫌いなんだよね」
➢「それは独特な匂いがですか?」

「最近だらけてしまうことに悩んでいるんだよね」
➢「こないだ〇〇という本を読んだんですがおすすめですよ。普段本は読まれますか?」

のように相手の回答に対してさらに話を深堀をしていくことが会話や質問の基本です。

質問をしたら必ずもう一回質問を行うという癖付けをすることをおすすめします。

筆者

深堀する質問に困った際には、5W1Hを意識すると簡単に深堀することが出来ます。特にどうしてですか?という室温は深堀には最適です。

初対面の人への便利な質問 まとめ

今回は初対面の人への便利な質問をご紹介しました。

初対面の人とのコミュニケーションは中々難しいですが、この記事を参考に初対面の人とうまく人間関係を作って人生を成功させる助けになれば幸いです。

また、コミュニケーションの改善だけでなく、自身の理想のキャリアを目指していきたいという人は専門家への相談もおすすめします。下記のポジウィルキャリアであれば、無料でキャリア相談が可能です。

◇キャリアに特化したパーソナルトレーニング
◇転職活動などの最新情報
◇面接対策

など、あなたが理想のキャリアを形成する上でのサポートをしてくれます。特に、漠然と環境を変えたいけど「今後のキャリアがまだ決まっていないけど、誰かに相談したい!」という人にはおすすめです。

無料のLINE友達登録で様々な情報を獲得することができます。悩みがある人は一度相談してみることをおすすめしますので、ぜひチェックしてみてください。

POSIWILL CARRERの無料LINE登録はこちらからできます(PR)
記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

超高単価のマンション営業にてトップの成績を収めたのち経営コンサルタントに転身。
現在では上場IT系にて新規事業立上げの責任者を務める傍ら、「効率化を追求するブログ」の執筆やバンド活動など様々な活動を効率よくこなしています。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次