【最重要】睡眠不足による影響5選!

睡眠不足による影響

この記事では睡眠不足によって体に引き起こされる影響を知れます

最近睡眠不足なんだよな

体に悪い影響でてないかな

日々忙しくしている皆さんだと睡眠不足や、睡眠不足による体への影響で悩んでいるんではないでしょうか?

そこで今回は睡眠不足による影響をご紹介していきます。

この記事を参考に、睡眠不足だとどのような悪い影響があるのかを理解して日々の生活の質を上げてもらえたら幸いです。

<睡眠の質を上げる方法はこちらの記事をご覧ください>

目次

睡眠不足の目安

睡眠不足と言っても何時間くらい寝たらいいの?

まずはみなさんこのように思われると思います。

一般的に一日に必要とされている睡眠時間は7〜8時間と言われています。

つまり個人差はありますがこの時間に達していないと睡眠不足といえます。

また、これらの症状がある人は要注意で

◇朝中々起きれない
◇日中の眠気が強い
◇常に倦怠感を感じる

このような人は睡眠不足の可能性が高く、睡眠の時間が足りていないか質が悪い状態です。

この記事を参考に睡眠不足による影響を知ることで睡眠環境を改善していきましょう。

<朝に二度寝しないための方法はこちらの記事をご覧ください>

睡眠不足による影響5選

ここからは具体的にどのような睡眠不足による影響があるかを説明していきます。

◇頭が悪くなる
◇太りやすくなる
◇免疫力が低下する
◇老化する
◇友達が減る

よく耳にするものから、意外なものまで混ざっていますよね。

ここからさらに細かく睡眠不足による影響を説明していきますので、是非参考にしてください。

睡眠不足による影響①頭が悪くなる

1つめの睡眠不足による影響は「頭が悪くなる」です。

これは何となくイメージしやすいですね。

睡眠不足の状態だと人間の体は無意識に脳を守ろうとします。その結果、脳が居眠りしてしまい、

◇無意識に数秒間意識がなくなる
◇集中力の低下
◇記憶力の低下
◇物事の理解力の低下
◇作業効率の低下

を引き起こします。

研究によって、長期的に睡眠時間を確保できている人の方が学習効率やパフォーマンスなどもいい事が明らかになっています。

バリバリ働くビジネスマンも、勉強が本業の学生も睡眠不足を避けることで高いパフォーマンスを発揮できるようになるでしょう。

<集中力を上げる方法はこちらの記事をご覧ください>

睡眠不足による影響②太りやすくなる

2つめの睡眠不足による影響は「太りやすくなる」です。

睡眠と肥満って関係あるの?

と思うかもしれませんが、肥満に睡眠不足は大きく影響します。

睡眠不足の場合だと、食欲を司るホルモンである「グレリン」と「レプチン」のバランスが乱れます。また、抗ストレスホルモンである「コルチゾール」の働きも弱くなります

その為

◇食欲が上がる
◇高カロリー食品を欲するようになる
◇睡眠中の代謝が下がる

事により睡眠不足で肥満に近づいていきます。

ダイエットしたい!

という人はまずは沢山得ることから始めてみると簡単かもしれません。

<グレリンとレプチンに関する記事はこちらをご覧ください>

睡眠不足による影響③免疫力が低下する

3つめの睡眠不足による影響は「免疫力が低下する」です。

これは睡眠ホルモンであるメラトニンが免疫力に関係しているからで、睡眠不足になる事でメラトニンが減少することにより免疫力の低下を引き起こします。

免疫力が低下すると

◇風邪をひく
◇感染症にかかりやすくなる
◇傷が治りにくくなる
◇がんのリスクが上がる

など、体にとっては悪い影響ばかりです。

長く健康でいるためにも睡眠不足は避けて免疫力の低下を防ぎましょう。

<免疫力に関する記事はこちらをご覧ください>

睡眠不足による影響④老化する

4つめの睡眠不足による影響は「老化する」です。

これも先ほど出てきたメラトニンが大きくかかわっています。

私たちの体は体内の細胞の再生や修正によりフリーラジカルという老化物質を分泌しています。

その際にそのフリーラジカルを無効化しているのがメラトニンなので、睡眠不足は老化に繋がりやすくなります。

老化が進むことで

◇見た目が衰える
◇体力が低下する
◇生命にかかわるような病気になりやすくなる

ので、いつまでも若々しく健康でいたい方は睡眠不足だけは絶対にNGです。

<老化を防ぐ方法に関する記事はこちらをご覧ください>

睡眠不足による影響⑤友達が減る

5つめの睡眠不足による影響は「友達が減る」です。

睡眠不足と交友関係なんて関係あるの?

と思うかもしれませんが、大アリです。

睡眠不足によると自身の言動に様々な影響がおき、不誠実さが増してしまいます。

具体的には

◇仕事をさぼったり手を抜く
◇やるべき事をやらない
◇コミュニケーション能力が衰える

という点で、研究結果でも睡眠不足の人の睡眠不足アピールや表情は「だらしない」「距離を置きたい」という感情を他の人に与えているという結果が出ています。

その為、交友関係を増やしたり、他人から信頼されたい人は睡眠不足を避けることで、元気で誠実な姿を人に見せてることができ、いい関係を築けるようになるでしょう。

<このほかにも信用を失う行動に関してはこちらの記事をご覧ください>

睡眠不足の対処法

睡眠不足による影響は恐ろしいな

実際にどうやって睡眠不足に対処したらいいんだ

睡眠不足による影響がわかったところで実際にどのように対策をしていけばいいかをご紹介していきます。

自身に合う物を是非試してみてください。

睡眠不足の対処法①仮眠をとる

夜は忙しくて中々睡眠時間を確保できない

という人は仮眠をとる事もおすすめです。

1日に15~20分程度を数回であれば、睡眠不足の影響を軽減できることがわかっています。※寝すぎには注意です。

その際にはパワーナップという方法がおすすめで記事にもしているので是非読んでみてください。

<効果的な仮眠の取り方に関する記事はこちらをご覧ください>

睡眠不足の対処法②睡眠環境を整える

睡眠不足の影響を受けないためには長期的に睡眠環境を整えることが大切です。

具体的には

◇光
◇音
◇室温
◇空気

など、様々な要素が睡眠の質を決定しています。

その為、室内の環境を整えることで睡眠の質が上がり、睡眠不足を防ぐことが出来ます。簡単にできることも多いので是非試してみてください。

<睡眠の質を上げる方法はこちらの記事をご覧ください>

睡眠不足の対処法③睡眠の質向上グッズを買う

本格的に睡眠不足を解消したいという人は睡眠不足を解消するためのグッズを導入することもおすすめします。

僕も実際、昔は睡眠不足気味でしたが、今は様々な物を購入し、快適に睡眠を出来るようになりました。

実際に買ってよかった睡眠の質を上げるためのグッズの記事も書いているので、是非そちらも参考にしてください。

睡眠不足による影響 まとめ

今回は睡眠不足による恐ろしい影響についてご説明しました。

世の中の成功者の多くは睡眠が何よりも最優先で大事と語っています。

私自身も本当にその通りだと思っているので、睡眠不足だなと感じる人はこの記事を参考にしてもらえたら幸いです。

この記事を読んでいる人が気になっている他の記事はこちら

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次