【現れたら要注意】過労のサイン5選!

過労のサイン

この記事では現れたら危険な過労のサインについて知れます

最近なんだか過労気味だな

自分って過労なのかな

忙しい日々を送っているとそのように不安になったり実際に体調を崩す方もいると思います。

そこで今回は現れたら要注意な過労のサインについて5つご紹介します。

この記事を参考に自身が過労気味だと感じたら休息をとるなりお医者さんに診てもらうなり対処するようにしましょう。

<仕事を辞めたいと感じている人への対処法はこちらの記事をご覧ください>

目次

過労の原因について

まずはじめに、どのような事が原因で過労になってしまうからお話ししていきます。

一般的には

◇過度な仕事量やストレス
◇職場や友人との悪い人間関係
◇子育てや育児などの過度の家庭内でのストレス

といったところが過労の原因としてよくあげられます。

これらの理由を見てみると、過労はどこでも起こりえるという事がわかります。

毎日仕事に勤めている人だけでなく子育てをしている方や勉強中の学生など誰でも当てはまる事があると思うので少しでも心当たりを感じる人は積極的に休みをとるようにしましょう。

<休みの上手な取り方に関してはこちらの記事をご覧ください>

過労のサイン5選

ここからは具体的な過労のサインについてご紹介していきます。

自身では平気なつもりでも、少しでも心当たりがある人は注意してください。

◇感情の起伏が大きくなる
◇やたらとのどが渇く
◇睡眠の質が不安定
◇風邪をひきやすくなった
◇出来ていたことが出来なくなった

これらの症状がある人は要注意です。一つづつ見ていきましょう。

過労のサイン①感情の起伏が大きくなる

はじめの過労のサインは「感情の起伏が大きくなる」です。いわゆる躁うつと状態ともいわれます。

過労状態になると精神のコントロールが難しくなり、このような症状が出てきてしまいます。

具体的には

◇些細な事で激昂してしまった
◇小さな事でくよくよしてしまう
◇常にイライラしているorくよくよしている

など、日ごろと性格が大きく変わってしまったり、感情の変化を抑えられない状態の場合注意が必要です。

最近感情の起伏が大きいなという人はゆっくりと休息をとるかお医者さんに診てもらうようにしましょう。

過労のサイン②やたらとのどが渇く

2つめの過労のサインは「やたらとのどが渇く」です。

私たちは日常的な食事以外に約1ℓほどの水分を飲んでいると言われていますが、実際にそれぐらいの水分をとっているにも関わらずやたらとのどが渇く場合は要注意です。

これはやたらとのどが渇く原因の一つにストレスや緊張があるためです。

水分自体にも疲労回復効果もあるので、過労気味かなと思ったら積極的に水分摂取をしてみてのどの渇き具合を見てみてください。

<水の健康効果はこちらをご覧ください>

過労のサイン③睡眠の質が不安定

3つめの過労のサインは「睡眠の質が不安定」です。

睡眠の質は過労にとっても非常に重要です。

◇過労によるストレスで寝付けなくなる
◇過労で食事が遅くなり睡眠の質が落ちる
◇過労により十分な睡眠時間が取れない

などの理由で睡眠の質が不安定になりやすいです。

過労により睡眠の質が落ちると過労により使った体力を回復できなくなるので悪循環に陥ります。

その為、過労気味だなと感じたらまずは睡眠の質から改善するようにするといいでしょう。

<睡眠の質を改善する方法はこちらの記事をご覧ください>

過労のサイン④風邪をひきやすくなる

4つめの過労のサインは「風邪をひきやすくなる」です。

過労によって体を酷使すると免疫力が下がり、風邪をひきやすくなります。

先ほどの睡眠の質と同じく、過労で風邪をひいてしまうとさらに体力を使ってしまうという悪循環になってしまうので、要注意です。

ちょっと風邪をひきやすくなったなと思うようになったらしっかりと休息をとって過労を回復するようにしましょう。

<免疫力に関する記事はこちらをご覧ください>

過労のサイン⑤出来ていたことが出来なくなる

5つめの過労のサインは「出来ていたことが出来なくなる」です。

ここまでくると大分過労状態になっている恐れがあります。

ここでの出来ていた行動とは日常的な行動ではなく

◇仕事のプレゼンで急に話せなくなった
◇朝に全く起きられなくなった
◇運動能力が著しく落ちた

など、自身のパフォーマンスが明らかに落ちている時も注意が必要です。

そのような場合ゆっくりと休んで過労を回復するようにしましょう。

症状がひどい場合には自分で判断せずに病院にいってお医者さんに診てもらう事をおすすめします。

過労のサイン まとめ

今回は現れたら要注意な過労のサインについて5つご紹介しました。

いずれも日常生活で現れてきたら、ゆっくりと休息をとってお医者さんにも相談するようにしましょう。

この記事が過労のサインに気づくきっかけになってもらえたら幸いです。

<仕事に悩んでいる人におすすめの記事です。是非読んでください>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次