良質なコミュニケーションのために意識すべき10のポイント!

コミュニケーションで意識すべきポイント

※この記事には広告表現を含みます

この記事ではコミュニケーションの際に意識するべきポイントを知れます

コミュニケーションがうまくなりたい

コミュニケーションで何を意識したらいいかわからない

仕事でもプライベートでも必ず行うコミュニケーションだからこそ意識すべきところを抑えて良質な状態を維持したいですよね。

そこで今回は経営コンサルタントを経験し、多くの経営者ともコミュニケーションをとってきた筆者が良質なコミュニケーションのために意識すべきポイントについてご紹介します。

【この記事の結論】
◇コミュニケーションの意思すべきポイントを抑えることで対人関係が良くなる

【こんな人におすすめ】
◇コミュニケーションが苦手
◇効率的なコミュニケーションの方法を知りたい
◇要領よく重要な意識すべきポイントだけ知りたい

毎日当たり前のように行っているコミュニケーションですが、意識すべきポイントを抑えるともっと効率的に行うことができ、人間関係の向上に繋がります。

ぜひ、この記事を参考に効率的な生活を送ってください。

このサイトでは生活の効率化を追求しています。
他にも暮らしに役立つ情報が盛りだくさんなので、ぜひ読んでみてください。

<仕事ができない人の話し方はこちらの記事をご覧ください>

目次

コミュニケーションで意識すべき10のポイント

それではコミュニケーションで意識すべきポイントの詳細を伝えしていきます。

◇相手目線で考える
◇前提条件を揃える
◇親近感を与える
◇数字を用いる
◇比較を用いる
◇納得感を与える
◇言い換えや比較を用いる
◇見える化をする
◇感情を理解する
◇間を意識する

全てを一気に抑えていくのは難しいと思うので、一つずつ意識しながらコミュニケーションをしていくことで少しずつコミュニケーションが上手な人に近づいていきましょう。

コミュニケーションで意識すべきポイント
相手目線で考える

ひとつめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「相手目線で考える」です。

これはコミュニケーションの基本的な部分でもありますが、中々意識するのも難しいですよね。

◇相手の立場だとどういう意見になるかな
◇こう言われたら相手はどう思うかな
◇相手は普段どう考えているかな

など、を発言する前に考えると相手目線での発言が可能になります。

特にビジネス上でのコミュニケーションなど、立場の異なる相手との会話の場合は特に意識することで関係性を上手く構築しやすくなります。

筆者

ぼくも、これは苦手分野ですが、ひとりの時にもし自分があの人だったらこういう発言をするなと考えて発言をすると相手目線に立つことが可能です。

<初対面の人におすすめの質問に関してはこちらの記事をご覧ください>

コミュニケーションで意識すべきポイント
前提条件を揃える

2つめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「前提条件を揃える」です。

これは非常に重要で、話の上手な芸人さんやタレントさんもこのポイントが上手な人が多いです。

例えば自身にあった面白い話をする際に

◇その時の状況や心境を伝える
◇登場人物の特徴を伝える
◇言葉にしにくい表現には名称を決める

など、自分のしている話の構成要素として、相手がわからない事を説明しながら話をしていくとコミュニケーションがうまくなります。

【悪い例】
こないだ友達が酔っぱらってさ、電柱に話しかけてたんだよね

【いい例】
こないだ飲んだ友達が、普段は大人しいのに酔うといつも面白いやつなんだけどさ、「あれ、いないな」って思ったら電柱にナンパしてたんだよね

このように会話相手が知らない前提条件である「普段は大人しい」「急にいなくなった」「会話内容」をコミュニケーションに盛り込むことで一気にイメージがつきやすくなりましたよね。

最初は難しいかもしれませんがぜひ意識してみてください。

筆者

ぼくは昔からこの部分は得意だったのですが、話が長く回りくどくなりやすいという注意点もあります。長さと説明の部分でバランスをとれるよう意識しましょう。

コミュニケーションで意識すべきポイント
親近感を与える

3つめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「親近感を与える」です。

私たちは共通点がある人は親近感を感じ、親しくなりやすいのでコミュニケーションでは大きな意識するべきポイントです。

◇相手に出身を尋ねる
◇休みの日の趣味を尋ねる
◇嫌いな食べ物を尋ねる

など、相手との共通点を探すようにするとコミュニケーションが捗りやすくなります。

意点としては質問をして共通点がなかった場合に「そうなんですね」で終わってしまうと良くないので、もうひと段階深堀する質問を必ずするようにしましょう。

筆者

ぼくはありがちな質問は「基本的にこう答える」と決めるようにしています。そうすることで、その後の会話もスムーズになりコミュニケーションがとりやすいです。

コミュニケーションで意識すべきポイント
数字を用いる

4つめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「数字を用いる」です。

ビジネスでの付き合いでは特に数字で話すことでコミュニケーションが円滑になります。

【悪い例】
◇数日中にできます
◇この資料は大体終わっています
◇この商品高いので微妙です

【いい例】
◇〇日までに完成します
◇この資料の完成度は80%です
◇この商品は〇円予算を越えています

など、具体的な数字を用いることでコミュニケーションが円滑になりその後のアクションや対策も練りやすくなります。

慣れるまでは大変かもしれませんが慣れてしまうと簡単なので、必ず意識するようにしましょう。

筆者

ぼくも経営コンサルタントや事業責任者をやる中では数字での説明が基本です。課題が明確になりやすく対策も打てるので仕事が捗ります。

<数字を用いることに関する詳しい記事はこちらをご覧ください>

コミュニケーションで意識すべきポイント
比較を用いる

5つめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「比較を用いる」です。

こちらもビジネス上でのコミュニケーションをとる上では欠かすことのできないポイントです。

【悪い例】
◇当社の商品は非常に愛されています
◇Aさんは非常に優秀です
◇(自己PRにて)月間売上〇円という実績を残しました

【いい例】
◇当社の商品は他社と比較して〇%シェアで上回っています
◇Aさんは優秀でBさんやCさんの倍の売上を上げています
◇(自己PRにて)会社平均の売上実績が〇円の中、私は△円という実績を残しました

など、先ほどの数字と合わせて比較対象も交えながら相手に伝えることで話の内容がかなり伝わりやすくなります。

仕事のコミュニケーションをとる上では特に重要なので意識的に比較対象も頭に浮かべておくといいでしょう。

筆者

数字化が難しい場合は、「Aの場合はこう」「Bの場合はこう」と複数の例を出しながら比較する方法もあります。社会人には必須のスキルなのでコミュニケーションをとる上では必ず意識しましょう。

コミュニケーションで意識すべきポイント
納得感を与える

6つめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「納得感を与える」です。

相手とのコミュニケーションを円滑にしたければ納得感を与える事を意識しましょう。

◇相手に明確なメリットを感じてもらう
◇理由を論理的に説明する
◇話の因果関係をわかりやすくする

といった納得感を与えるための話し方は公私に関わらず重要です。

コミュニケーションをとる際には必ず意識するようにして効率的な会話をしましょう。

筆者

仕事上ではもちろんですがプライベートでも相手に納得感を与えることで円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

<人を動かす話し方はこちらの記事をご覧ください>

コミュニケーションで意識すべきポイント
言い換えや比較を用いる

7つめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「言い換えや比較を用いる」です。

物事をわかりやすくするためには比較をする事は必須です。

◇たとえば
◇もし〇〇なら
◇〇〇でいうと

など、別のもので比較すると相手に伝わりやすくなります。

その際の注意点としては相手もわかるものでないと逆にわかりにくくなってしまいます。意識してうまくコミュニケーションをとるようにしましょう。

筆者

ぼくは「アップセル」や「クロスセル」の話をする際にマクドナルドのセット販売や単品販売の例を出したりします。ビジネスでいうと他業種でも言い換えられるケースは多いので、ぜひ意識してください。

コミュニケーションで意識すべきポイント
見える化をする

8つめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「見える化をする」です。

言葉だけで伝わりにくい場合は見える化をすることでコミュニケーションが円滑になります。

◇図で表現する
◇手書きで流れを説明する
◇グラフや表を用いる

など見えるかをすると相手に伝わりやすくなります。何気ないコミュニケーションでもサクッと手書きで説明をするとわかりやすくなるのでおすすめです。

筆者

ぼくは人に説明をする際に手書きで紙やホワイトボードに図を書くことが多いです。自身の思考も整理されておすすめです。

<資料作成のポイントはこちらの記事をご覧ください>

コミュニケーションで意識すべきポイント
感情を理解する

9つめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「感情を理解する」です。

コミュニケーションをとる上で相手の感情を理解することは非常に重要です。

◇相手が何を楽しいと思うか
◇相手が何を重要視しているか
◇相手が大切にしていることは何か

をコミュニケーションをとりながら意識すると良好な関係が築けるようになるでしょう。

価値観や感じ方は人それぞれなので、自身の目線だけでなく相手の立場になって考えることも大切です。

筆者

相手の価値観を知るためにも、大事にしていることは何ですか?のような質問をすると感情を理解しやすくなるのでおすすめです。

コミュニケーションで意識すべきポイント
⑩間を意識する

10こめのコミュニケーションで意識すべきポイントは「間を意識する」です。

無言の時間が続く、会話の中の間ですが、コミュニケーションにおいては重要な役割があります。

◇次に話す内容を考えている
◇思考を整理している
◇話すリズムをつかんでいる

など、コミュニケーションを円滑にするために間は非常に重要です。

間に対して苦手意識を持たずにコミュニケーションの一つのテクニックだと思うようにすると相手と良好な関係が築けるでしょう。

筆者

ぼくも昔は会話の中での間が非常に苦手だったんですが、今では間も重要な会話だなと感じるようになりました。

コミュニケーションで意識すべきポイント まとめ

今回はコミュニケーションで意識すべきポイントについてご紹介しました。

プライベートでもビジネスでも必須のコミュニケーションなので、意識sべきポイントを押さえて効率的に関係構築をしましょう。

また、コミュニケーションスキルを磨いて、自身の理想のキャリアを目指していきたいという人は専門家への相談もおすすめします。下記のポジウィルキャリアであれば、無料でキャリア相談が可能です。

◇キャリアに特化したパーソナルトレーニング
◇転職活動などの最新情報
◇面接対策

など、あなたが理想のキャリアを形成する上でのサポートをしてくれます。特に、漠然と環境を変えたいけど「今後のキャリアがまだ決まっていないけど、誰かに相談したい!」という人にはおすすめです。

無料のLINE友達登録で様々な情報を獲得することができます。悩みがある人は一度相談してみることをおすすめしますので、ぜひチェックしてみてください。

POSIWILL CARRERの無料LINE登録はこちらからできます(PR)
記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

超高単価のマンション営業にてトップの成績を収めたのち経営コンサルタントに転身。
現在では上場IT系にて新規事業立上げの責任者を務める傍ら、「効率化を追求するブログ」の執筆やバンド活動など様々な活動を効率よくこなしています。

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次