【社会人必見】勉強効率を上げる方法10選!

勉強効率を上げる方法

この記事では勉強効率を上げる方法を知れます

資格勉強の効率を上げたい

勉強効率を上げて成長したい

勉強効率というと受験生をイメージするかと思いますが大人になった社会人でも勉強はしていく必要があります。

そこで今回は忙しい社会人必見の勉強効率を上げる方法をご紹介します。

この記事を参考に楽手効率を上げて自身のなりたい姿に近づいてください。

<仕事の速い人の特徴はこちらの記事をご覧ください>

目次

社会人が勉強効率を上げる必要性

学生じゃあるまいし、勉強効率なんて不要だよ

と思うかもしれませんが大間違いで、社会人こそ勉強効率を上げる必要があります。

まず、社会人が勉強を必要とする場面でいうと

◇資格の勉強
◇仕事の知識の習得
◇自己啓発

など、様々な場面で勉強を必要とします。

さらには勉強効率が重要な点として、学生と比較すると

◇科目が定まっておらず範囲が広い
◇日々の仕事で学習時間がとりにくい
◇成長が自主性に委ねられる

という点で、自ら積極的に勉強をしていく必要が社会人にはあります

そのため、この記事を参考に勉強効率を上げる方法を学ぶことで自主的に勉強時間を作り成長につなげていってください。

<成功者の朝の習慣に関する記事はこちらをご覧ください>

勉強効率を上げる方法10選

それでは具体的に勉強効率を上げる方法をご紹介していきます。

◇継続する習慣をつける
◇事前準備を徹底する
◇作業環境を徹底整備する
◇適切な目標設定を行う
◇アウトプットをイメージする
◇勉強内容の本質を理解する
◇すきま時間を活用する
◇寝る前に復習する
◇こまめに休憩をする
◇未来を具体的にイメージする

いずれも意識すれば簡単に出来る事ばかりなので、是非ともこの記事を読んで勉強効率を上げてください。

勉強効率を上げる方法
継続する習慣をつける

ひとつめの勉強効率を上げる方法は「継続する習慣をつける」です。

勉強効率を上げるためにはまずは継続する習慣をつけることが重要です。

実際に1日にまとめて勉強するより毎日少しずつでも行った方が勉強効率がいいと言われています。

継続する習慣をつける方法としては

◇時間や場所をルール化する
◇ほんの少しだけでもとりかかる
◇強制力のある環境に身を置く

など、意思の力ではなくルールや環境が継続化には重要です。

勉強効率を上げる第一歩の部分でもあるので、しっかりと継続する習慣をつけて人生を変えていきましょう。

<継続する方法についてはこちらの記事をご覧ください>

勉強効率を上げる方法
事前準備を徹底する

2つめの勉強効率を上げる方法は「事前準備を徹底する」です。

勉強効率を上げるためには勉強前の準備も非常に重要です。

具体的には

◇勉強ツールや飲み物など全て用意する
◇やるべき内容を決める
◇目的を再認識する

など、勉強前にきちんと準備することで効率が上がります。

特に、定期的に飲み物をとりに行ったりスマホを見たりすると他の事に注意を持っていかれてしまうので要注意です。

<勉強効率の高い机の作り方はこちらの記事をご覧ください>

勉強効率を上げる方法
作業環境を徹底整備する

3つめの勉強効率を上げる方法は「作業環境を徹底整備する」です。

当然ですが作業環境は勉強効率に大きく影響します。

◇視界から関係ない物をなくす
◇室内の温度や湿度の管理
◇通知が来るものの排除

など、集中して勉強できる環境を作る必要があります。

自宅でこのような環境が作れれば理想ですが、難しい人もいると思うのでカフェやコワーキングスペースを使うと効果的です。

<コワーキングスペースに関する記事はこちらをご覧ください>

勉強効率を上げる方法
適切な目標設定を行う

4つめの勉強効率を上げる方法は「適切な目標設定を行う」です。

勉強効率のために目標設定をする人も多いと思いますが、誤った設定をしてしまうと逆にやる気を削いでしまう恐れがあります。

無理な目標設定をすると

◇目標設定で疲弊してしまう
◇選択肢が増え、判断が鈍る
◇未達成による挫折感を感じる

これらのような弊害があります。やる気だけ出して沢山の目標を掲げて挫折する経験は誰にでもあると思います。

1日のうち行うべきタスクは3つ程度にして、その代わりその3つに集中すると毎日確実にタスクをこなすことができ勉強効率が最大化できます。

<効率最大化のtodoリストの作り方はこちらの記事をご覧ください>

勉強効率を上げる方法
アウトプットをイメージする

5つめの勉強効率を上げる方法は「アウトプットをイメージする」です。

勉強というとインプットのイメージですが、アウトプットまで意識すると効率は最大化します。

アウトプットの方法としては

◇友人や仲間に教える
◇SNSやブログで発信する
◇ペットや人形に話す

など、何でもいいので自身で得たインプットを自分なりに整理して外に出すことが重要です。

アウトプットしてこそ記憶は定着するので、勉強効率の為にアウトプットを意識したインプットを行うようにしましょう。

<記憶力を上げる方法はこちらの記事をご覧ください>

勉強効率を上げる方法
勉強内容の本質を理解する

6つめの勉強効率を上げる方法は「勉強内容の本質を理解する」です。

これは受験で暗記ばかりしていた人には特に重要な勉強効率を上げる方法かもしれません。

◇重要そうな単語だけ覚える
◇アンダーラインやハイライトばかりしている
◇勉強内容が線ではなく点になっている

このような状態だと何となく単語は分かっていても、実際に知識やスキルとして使用できなくなってしまいます

そのため、ただ暗記をするだけでなく、知識を線で結んで関係性や本質まで理解できるようにしましょう。

勉強効率を上げる方法
すきま時間を活用する

7つめの勉強効率を上げる方法は「すきま時間を活用する」です。

勉強は机に向かっている時だけではなくすきま時間も使ってあげると大きく効率が上がります。

すきま時間として利用できるのは

◇移動時間
◇トイレなどの一人の時間
◇予定と予定の合間の時間

など、いずれも些細な時間ですがこれらの時間を最大限利用することで勉強効率が上がります。

◇直前に勉強した内容を脳内で思い出す
◇事前にすきま時間にやる内容を決める
◇15分空いたらカフェに入る

など、意識的にすきま時間を活用しようと考えることが重要です。是非すきま時間を活用して皆さんの勉強時間を最大化してください。

<すきま時間に関する記事はこちらをご覧ください>

勉強効率を上げる方法
寝る前に復習する

8つめの勉強効率を上げる方法は「寝る前に復習する」です。

私たちの記憶は寝ている間に定着するので寝る前に1日に勉強した内容を復習することで勉強効率が上がります。

また、寝る前にスマホなどをやめて軽く勉強時間を作ることで睡眠の質も上がりやすくなります。

夜のリラックス時間に勉強を復習する習慣をつけるとその日も翌日も勉強効率が上がるのでおすすめです。

<成功者の夜の習慣に関する記事はこちらをご覧ください>

勉強効率を上げる方法
こまめに休憩をする

9つめの勉強効率を上げる方法は「こまめに休憩をする」です。

勉強をしていると時間を忘れてしまう人もいると思いますが無意識のうちに脳は疲れています。

◇こまめに立ち上がる
◇こまめに目を閉じる
◇こまめに水分補給をする

これらのようにほんの少しでも脳や体を休めてあげると勉強効率が復活します。

どんなに勉強内容が中途半端でも脳の疲労を少しでも感じたら休憩をとる事で勉強効率を回復させましょう。

<脳をリフレッシュさせる方法はこちらの記事をご覧ください>

勉強効率を上げる方法
未来を具体的にイメージする

10こめの勉強効率を上げる方法は「未来を具体的にイメージする」です。

勉強はただ漫然としていても効率はあがりません。

◇資格を取って専門職に転職をする
◇仕事の知識を増やして出世する
◇自己啓発して起業して、大金持ちになる

といった勉強のその先にある未来を具体的にイメージすることが非常に重要です。

何のために勉強をしているのか、勉強をした上でどんな自分なっていくのかを考えながら日々の勉強を行うようにしましょう。

勉強効率を上げる方法 まとめ

今回は勉強効率を上げる方法をご紹介しました。

社会人だからこそ勉強は必要です。

この記事の内容を忙しい社会人にはピッタリの勉強効率を上げる方法なので、皆さんの人生をよりよいものにするためにも是非参考にしてください。

<この記事を読んでいる人が他に気になっている記事はこちら>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次