【何事も続かない人へ】やる気を継続させる方法7選!

やる気を継続させる方法

この記事ではやる気を継続させる方法を知れます

やりたいことがあるけど継続しない

中々やる気が継続しない

このようなお悩みを持つ人も多いと思います。

ダイエットや資格の勉強など、やりたいと思ってやる気を出しても継続させるのは中々難しいですよね。

そこで今回はやる気を継続させる方法を7選ご紹介します。

◇やりたいことが継続しない
◇やる気が継続しない
◇何事も三日坊主で終わってしまう

こんなお悩みを持つ方にはおすすめの記事ですので、是非参考にしてください。

<習慣化に関する記事はこちらをご覧ください>

目次

やる気を継続させる重要性

まずはじめにやる気を継続する重要性からご説明します。

今年こそダイエットするぞ

新しい資格を取るぞ

のように人間ははじめが最もやる気が高く熱意にあふれています。

しかし、本当に難しいのはその先のやる気を継続するという点です。

これには様々な要因があり

◇計画だけで満足してしまう
◇中々結果がでない
◇誘惑に負けてしまう

など、上記のようなことがやる気の継続を難しくさせています。

しかし、簡単なコツでそのやる気を継続させることができます。

その為、この記事ではやる気を継続する方法を説明しますので、是非参考にして皆さんの目標達成のヒントにしてもらえれば幸いです。

<自分に自信をつける方法はこちらの記事をご覧ください>

やる気を継続させる方法7選

ここからは具体的にやる気を継続させる方法をご紹介していきます。

◇定期的に席を立つ
◇仮眠を取る
◇終わりの時間を決める
◇やりかけの状態にする
◇邪魔するものをなくす
◇こまめに達成感を味わう
◇憧れの人と同じ事をしていると思う

いずれも意識すれば簡単に出来ることなので一つずつ説明していくので実践していきましょう。

やる気を継続させる方法①定期的に席を立つ

まずはじめのやる気を継続させる方法は「定期的に席を立つ」です。

席を立つなんて集中力なさそう

と思うかもしれませんが、座りっぱなしの状態でいると、筋肉が強張り血液が滞留します。

そうなると、疲れが溜まり

◇集中力の低下
◇眠気を呼ぶ

これらの原因になります。

1時間を目安に軽く立ち上がったり、立って仕事をすると集中力を維持できます。

<この他にも集中力に関する記事はこちらをご覧ください>

やる気を継続させる方法②仮眠をとる

2つめのやる気を継続させる方法は「仮眠をとる」です。

少し前は昼寝は怠惰なイメージがあったかと思いますが、今はその効果は研究でも認められており、GoogleやFacebookなどの外資企業でも推薦されています。

15分~20分の仮眠をとる事で脳がリフレッシュしやる気が継続、午後の作業も捗るようになります。

仮眠の方法としてはコーヒーを用いるパワーナップがおすすめで、記事にもまとめているので是非参考にしてください。

<最強の仮眠方法、パワーナップに関する記事はこちらの記事をご覧ください>

やる気を継続させる方法③終わりの時間を決める

3つめのやる気を継続させる方法は「終わりの時間を決める」です。

私たちは、与えられた作業を決められた時間の中で終わらせようとるる力が働きます。

これを締め切り効果と言うのですが

◇残業できない日の夕方
◇遅刻しそうな日の朝の準備
◇夏休み最終日の宿題

など期日に終われているとすごい集中を発揮した経験はないでしょうか?

これがまさにこの締め切り効果です。

その為、日常の作業の中でも終わる時間を設定することで、都度締め切り効果を発揮してやる気を継続することができます。

注意点としては絶対に不可能な時間設定をしてしまうと無意味なので、頑張れば達成できるような時間設定をすることでやる気の継続と時間の節約を図りましょう。

<時間に関する記事はこちらの記事をご覧ください>

やる気を継続させる方法④やりかけの状態にする

4つめのやる気を継続させる方法は「やりかけの状態にする」です。

やりかけってやる気なさそう

と思うかもしれませんが、人間はやりかけの作業に不快感を感じます。

その為、休憩に入るタイミングで作業をやりかけにすることで、その後スムーズに作業に着手できやる気を継続することができます。

先ほどご紹介した席を立つタイミングや仮眠に入るタイミングでは上手く作業をやりかけにすることでやる気を継続させましょう。

やる気を継続させる方法⑤邪魔するものをなくす

5つめのやる気を継続させる方法は「邪魔するものをなくす」です。

やる気を継続させるためには周辺環境の整備も重要です。

ここでの邪魔するものの例としては

◇スマホ
◇視界に入る本や資料
◇話しかけてくる人間

の事で、これらが作業中にあるだけで集中力は途切れやる気の継続が難しくなります。

その為、継続してやる気を維持する場合はこれらのものを排除した状態で臨むのがいいでしょう。

<作業環境を良くする机の作り方はこちらの記事をご覧ください>

やる気を継続させる方法⑥こまめに達成感を味わう

6つめのやる気を継続させる方法は「こまめに達成感を味わう」です。

私たちがやる気を継続させる上で重要な感情があり、それは達成感です。

達成感を感じることで、人間は脳が興奮しやる気を感じるようになります。

そのため

◇こまめにタスク化や目標設定をし達成していく
◇タスクをできた自分を褒める
◇過去の自分の作業や成果を振り返る

などの行動をすることで達成感を感じやる気を感じやすくなります。

同じように作業をする際に意識するだけでもやる気の継続度合いが違うので是非試してみてください。

<達成感を感じるためのto do リストの作り方はこちらの記事をご覧ください>

やる気を継続させる方法⑦憧れの人と同じ事をしていると思う

7つめのやる気を継続させる方法は「憧れの人と同じ事をしていると思う」です。

これは非常にシンプルですが、効果のあるやる気を継続する方法です。

皆さん何かに取り組んでいてやる気の継続が難しくなったら憧れの人や目標としている人を思い出して、今その人に近づいていると思うようにしましょう。

◇ダイエットが辛いけど、あこがれのモデルに近づいている
◇仕事が辛いけど、あこがれの先輩に近づいている
◇副業が辛いけど、あこがれの起業家に近づいている

など、意識するだけでやる気を継続しやすくなります。

その為にも日ごろから目標とする人や付き合う人なんかにも意識するといいでしょう。

<成功するビジネスマンの為の交友関係はこちらの記事をご覧ください>

やる気を継続させる方法 まとめ

今回はやる気を継続させる方法を記事としてまとめました。

皆さん目標の為に計画を立てると思いますが、やる気を継続させることができれば、目標は達成し望んでた自分になれます。

この記事を参考に皆さんのやる気が継続されたら幸いです。

<仕事がめんどくさいと思ったときの対処法はこちらの記事をご覧ください>

記事の内容が良かったらシェアをお願いします!

この記事を書いた人

【経歴】大手デベロッパー➢経営コンサルタント
【好きな動物】猫
【好きな芸人】江頭2:50、なかやまきんにくん、東ブクロ
【好きなタイプ】瀬川おんぷ

コメント

コメントする

目次